今後の検討事項    

議会のIT化に関する意見(新政クラブ・おかだ耕一)

 

 

    議員活動としてのIT化推進

     情報収集、情報発信

     議員宛文書、資料のデジタル化しての提供

     メールが送受信できる環境整備(自宅&控室)

     本会議場、委員会室へのPC持ち込み

 

 

    市民への情報公開、情報発信としてのIT化推進

     委員会・会議録の公開と検索システム構築

     インターネットによる本会議中継(一般質問、議案質疑、討論・採決)

     インターネットによる本会議録画中継(ビデオ・オン・デマンド/録画再生機能)

     インターネットによる委員会中継(岐阜市検討、仙台市・羽咋市は予算、決算特別委員会を実施)

     本会議場で賛否の電光表示される投票システム導入(千代田区、14年9月)設置費用784万円

     議事録作成にかかる音声認識システム導入(沼津市、16年5月)

     対面式への対応として議場前方にプロジェクター方式によるスクリーン設置

     携帯電話からの議会情報の取得

     声帯に障碍を持った議員の対応としてPCの音声変換機能を利用し、発声を認める(静岡市)

     豊田市議会のメルマガ発行(千代田区等)

     会議録のCD-ROM化、DVD化

     視覚障碍者への対応



    IT化推進から生じる課題、検討事項等

     庁内LANと接続する必要性はあるのか

     議会内LANを構築する必要性はあるのか

     個人メールアドレスが必要かどうか

     各議員の習熟度格差による問題

     研修会実施(内容等)

     市民の情報格差

     財源問題

     プライバシー保護とセキュリティ問題

     会議録の全議員配布の必要性(会派配布の検討)