平成12年10月30日
                                                                                                 豊田市議会議員
                                                                                                     篠田  忠信
                                                                                                     岡田  耕一

                                     
回答に対する見解

 組合会議員でもある中根助役が、九市関連健保の事務局まで出向き、九市の助役会議を要請するなど、その努力を伺うことはできたが、この回答からは、豊田市が中心となって早急に改定をしようという意気込みは感じられないし、いっ迄に改訂をしたいという考えも伝わってこない。予想できた事であるが、ありきたりの回答である。

 こういう事態にならないための予防的な意味をもった条例制定の要望にも、妥当ではないという事務的な回答であり、残念である。今後も私たちは早期改訂をめざし全力で取り組んでゆきたい。


 尚 この件については、去る10月25日(水)に、九市関連健保の事務局に、豊田市の篠田議員と春日井市の金澤利夫議員、津島市の水谷俊夫議員の3名で、当組合の理事長である鵜飼一朗(春日井市長)についても、豊田市長に提出した内容とほぼ同じものを提出してきた。(内容別紙) 今後は各市の議員にも呼びかけ、健保問題を中心に「地方自治体行政改革」を進めるネットワークも構築したい。