岡田耕一

☆- 近況報告 -☆

平成11年分
平成12年分
平成13年分
平成14年分


平成14(2002)年5月31日 (金)
 
 
今日は、11時から海外「福祉、医療」視察団 全体会。小委員会で話し合われた視察先変更の件、空路変更による日程一部変更、自己負担金増額の件、同時多発テロ後の視察都市の現況等。我々議員も10万円以上の自己負担をするわけになるが、1人あたり80万円も税金を使わせていただく、視察研修。医療・福祉施策の参考にできるように実り多い視察にするようしっかり見聞してまいります。

  13時から全員協議会。内容は、
(1)(仮)東海環状都市地域交流連携推進協議会の設立について(総合企画部)
(2)広域行政に係る市民への情報提供について(総合企画部)
(3)平成13年度ダイオキシン類の事業者測定結果及び環境調査結果について(環境部)
(4)廃棄物最終処分場におけるダイオキシン類の事業者測定結果について(環境部)
(5)美術品の寄託・借用・貸出し要綱制定について(教育委員会)
(6)美術館企画展の小中学生観覧料無料化について(教育委員会)
(7)海外調査研究視察について
(8)議会中継に関する覚書の一部改正と新たな契約について
  
その後、理事者からの報告。内容は、
1、豊田市地震災害警戒本部条例の制定について         (社会部) 
2、緊急地震対策事業等について                   (社会部)
3、個人住宅の耐震対策について                   (都市整備部)
4、6月市議会定例会提出議案について               (総務部)   
5、(仮)市道前田挙母線自転車歩行者道整備について      (建設部)
6、獲投運動公園の工事委託契約の締結について         (建設部)
7、豊田都市開発鰍フ清算について                  (産業部)
8、高齢者や障害者等の交通対策事業の推進について      (福祉保健部)
9、介護保険の実施状況と見直しに向けての準備状況について (福祉保健部)
10、乳幼児医療助成制度の見直しについて             (福祉保健部)
11、市長海外親善訪問、小池助役海外出張について       (秘書課)

 いよいよ豊田市でも就学前までの子どもの医療費を入院、通院ともに無料にします。我々、1人会派3人が、紹介議員となり、昨年9月定例会にて「就学前までの医療無料化を求める請願書」に私も賛成討論させていただいた者の1人として大変うれしく思います。反対討論までされたにもかかわらず半年もたたずして大転換(3月定例会で表明)された思政クラブさんにも敬意を表します。感謝。

 18時からは、美里中学校区PTA懇談会。様々なことが聞けたいい会であった。ちょっと飲みすぎたが。
 
平成14(2002)年5月30日 (木)

 
3ヵ所の視察を終え、帰っていりました。今回は、6月定例会の一般質問に直接関係することを見聞してまいりましたので理事者から少しでも前向きな答弁を引き出せるように頑張ります。
 今回の定例会では、「個人情報の保護」と「交通安全教育」についての2項目は、やるつもりでいる。実質15分という短時間の中に今回得た情報をこれからどう使おうかしっかり考えようと思う。
 これだけ書き、手の内を明かすと他会派の方に同項目をぶつけてこられる気もしますが、市民にとって最善の結果が得られれば良しとしよう。
 杉並区、練馬区、レインボー浜名湖の皆さん大変お世話になりました。本当にありがとうございました。特に杉並区議会の小泉議長さんには、お忙しい中、応対していただきありがとうございました。

平成14(2002)年5月28日 (火)

 
午前中は、自宅でごみ問題の書籍を読む。
 
 午後から、市役所で明日からの視察の準備。

 また、南庁舎1階の市政情報コーナーで市議会の13年度政務調査費の使途を公開していた。他会派の状況がわかり私も勉強になった。皆さんも時間があればのぞいてみてください。

 豊田都市開発鰍フ解散総会が6月7日にあるということで筆頭株主としての豊田市の責任において議案に対してどう対応するのか知る必要があると思い、産業部長に総会の議案書を見せてもらえるようにお願いする。返事は後日。この結果も後日ご連絡します。

 5月15日の日記に次のように書いた。「住民基本台帳の12年度、13年度の閲覧状況について市民課長から説明を聞く。13年度から手数料改訂され1世帯100円から1人150円になったため閲覧(転記)数の減少を期待していたのだが、現実は更に増えていた。12年度、80,436人分が、13年度、118,485人分に増加。」
 これを訂正します。今日、このデータをどう読むか考えていたら、大きな認識ミスを発見。12年度は、80,436世帯分で13年度が、118,485人分ということを。市民課にも確認した。そうであるなら13年度は、減ったことになる。もう一度、考察しなおそう。


 名古屋弁護士会に依頼したアンケートの集計結果が今日届く。詳細は後日にするが、総評のみ転記する。
 「アンケートの回収率は、5割を超え、自治体の住基ネットシステムへの関心の高さを物語っている。数字の上でもやはり市町村の負担が大きいことが明らかになり、規模の小さい自治体ほどその負担の割合は大きく自治体にのしかかっていることを数字の上でも如実に語る結果となった。
 同システムの費用対効果の面で積極的に疑問を投げかける意見も多数見られ、想像以上に、各自治体が、かなりの割合で経費や事務量において過重の負担を感じ、システムのもたらす効果に対しても強い疑問を持っていることが明らかとなる結果となった。
 また、住民のプライバシーが侵害される危険性が有ると答えた自治体が半数以上であった。自治体は住民のプライバシーを守る義務があり、この面からも、住基ネットの抱える問題点が浮き彫りとなった。」


 竃L田スタジアムからのFAX情報
パブリックビューイング イン 豊田の開催について
豊田スタジアムの大型映像装置を使用し、W杯日本代表の試合のライブ中継観戦を実施します。
入場無料
6月4日(火)18時キックオフ     日本対ベルギー
6月9日(日)20時30分キックオフ  日本対ロシア
6月14日(金)15時30分キックオフ 日本対チュニジア
いずれもキックオフ1時間30分前開場
北側サイドスタンドを開放。大型映像装置を北側サイドスタンドに向けて使用。

 20時から沖縄基地問題を考える市民運動の会に出席。6月23日に集会をすることに。

 明日、明後日で杉並区、「杉並区住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例」、練馬区、「練馬区個人情報保護条例」、レインボー浜名湖、「体験型交通安全教育施設」の視察に行って参ります。

 明日の日記はお休みします。あしからず。明日は早いのでもう失礼します。おやすみなさい。

平成14(2002)年5月27日 (月)

 
今日でアクセス数が、22,222をクリア。本当に多くの方にご訪問いただいています。ありがとうございます。でも本音は、もう少し議会関係者、市職員さん以外の市民の方に覗いていただきたいのですが・・・。
 
 午前中は、水曜日からの視察準備。

 13時からは、海外「福祉、医療」視察団 小委員会。視察団結成当初、4人いた小委員会委員も浅井さんが視察を断念され、3人になり、議員の視察団員も8人と少人数に。昨年の同時多発テロのために延期になっていたアメリカへの視察がいよいよ6月25日から始まるのだが、当初予定していた高齢者住宅の視察先であるワシントンDCの「高齢者ヒースビレッジ」が受け入れを断ってきた。受け入れ体制ができていなく不安だということだった。代わりに同様の施設である「アスバリ メソジスト ビレッジ」に変更することに。

 16時からは、市民課長から名古屋弁護士会からの「住民基本台帳ネットワークシステムについてのアンケート」の回答について聞く。当局も私と同様の問題意識を持っていることを確認する。名古屋弁護士会に依頼したアンケートの集計結果は未だ届かず。
 ちなみに住民基本台帳ネットワークシステムを立ち上げるための費用は、5100万円、年間ランニングコストは、820万円と見込んでいる。市民にとってほとんど何のメリットもないこのシステムを我々の手で何とかできないだろうか。

 豊田国際親善試合事実行委員長からの報告
コスタリカ代表対グランパスエイトの入場者数は23,801人、有料チケット販売数14,790枚(大人13,807枚、小人983枚)

 FAX情報
日本工営梶A褐F谷組を2ヶ月間指名停止にします。

平成14(2002)年5月26日 (日)

 
午前中は、かみさんの用事に付き合う。午後から、オープン間もないラグーナ蒲郡・フェスティバルマーケットに行く。天気が良かったせいか大変な人出であった。豊田市駅周辺では「ふれ愛フェスタ」があったというのに私は悪い人だ。でも夫婦水入らずで休日を楽しませていただいた。

平成14(2002)年5月25日 (土) 

 
今日は、地元では、広川台小学校と野見小学校の運動会が開催された。私は、午前中、広川台小学校で応援させて頂く。昼食を頂いた後、13時から14時過ぎの最後まで野見小学校の運動会に。思ったより早く終わったので再度、広川台小学校をのぞくと最終種目の最中。そのまま最後まで観戦。どちらもいい天気に恵まれ本当に良かった。
 
 夕方から、サティでの最後の?買い物に出かける。

平成14(2002)年5月24日 (金)

 
今日も1日、会社員。今日で6月定例会前の出勤は終了。これから徐々に定例会モードに。定例会が終われば海外視察もあり、今回は、2ヶ月ほど出社はできなくなる。今日でとりあえず仕事の区切りをつけたつもりだ。

平成14(2002)年5月23日 (木)

 
今日は、1日、広告代理店社員として安城、刈谷で営業活動。

 途中、市民課長から昨日の要望の件で電話が入る。月曜日に話を聞くことに。

 22時過ぎに帰宅すると議会事務局からFAXが。「6月1日より主要地方道名古屋豊田線の大井橋が通行止めになる」と。交通の要所である
大井橋の通行止めは、非常に影響が大きいが、建設後60年を経過した大井橋の橋脚部老朽化のための危険回避であればやむを得ないか。名古屋方面への通行は、上流側の橋を使うことになる。できる限りこのルートを使わない方が、得策か。
 


平成14(2002)年5月22日 (水) 

 
午前中は、映画「老親」のポスターを貼って頂ける同級生が営む床屋さんに。チケットも何枚か預かってもらうことに。今日も問い合わせがあり、売れ行きも順調?

 市役所では、高齢福祉課に介護保険の関係のことをいろいろ教えてもらう。この分野は今までちょっと怠けており、勉強不足でしたのでこれから少しずつやってまいります。
 また、環境部エコライフ課とは、電気式生ごみ処理機の補助金のことで意見交換。市民課には、名古屋弁護士会から東海三県の全市町村に出したという「住民基本台帳ネットワークシステムについてのアンケート」について聞く。返事は出したそうであるが、内容の公開については、しばらく待つことに。名古屋弁護士会には、アンケートの集計結果について入手をお願いする。

 私のサイトは、「どこにどんな情報があるのか
分かりにくい」というご意見からサイトマップを作ることにしました。これから少しずつ仕上げてまいります。

 それから、今日、議会事務局の職員の方に、この日記の件で2件のご指摘を受ける。
「委員会は、審議でなく、審査ですよ」
「静岡スタジアムが、エコパではなく、コエパになっていましたよ」と。
どうもありがとうございました。皆さんも間違い探しよろしくお願いします。それにしてもよく見ていらっしゃる。

 19時過ぎには退庁し、20時過ぎから市民の会に。
 私からは、新清掃工場建設の環境影響評価準備書に対する公聴会の意見陳述の件で「地元の方からぜひやってください」と言う電話があったことを報告。当日、議会のため、私は、参加できないので他の方にお願いをしたところ、3名が名乗りをあげてくれる。
 (有)豊クリーンの産廃中間処理施設建設の件は、地元の方が、しっかり対応されるようで静観することに。
 その他、青年後見制度について提起される。私は全くの不勉強であり、認識不足であったが、
青年後見制度とは、もしもの場合に備えて本人に十分な判断能力があるうちに後見人になってもらう人を決めておく制度で、不動産取引や登記、相続、財産の管理や介護医療に関する手続きの代行などを司法書士などの後見人と委任契約を結んでおく制度だそうです。
 これが、なかなか大変で報酬も決して多くないなど問題も多い中、「行政は、全く支援する気がない」との指摘。私も知らないでは済まされないので現状をまた聞いてみようと思う。今後のことは、また、それから。

平成14(2002)年5月21日 (火) 

 午前中は、日曜日に雨が降り、一部のプログラムが延期になった東山小学校の運動会に。来賓は東山の区長さんと2人しかいなかったが、保護者の方は結構な数。お父さんも相当いました。勤務の関係で?それともわざわざお休みを取ったのか?2日にわたる運動会になってしまったが、子ども達にとってはいい思い出になったのではないでしょうか。

 午後からは、控室で視察を控え、個人情報保護条例等の研究。
 
 夕方からは、コスタリカ代表対グランパスエイトの試合を観戦に豊田スタジアムに。結局、友人4人での観戦になったのですが、グランパスファンとしては2−0でよかったが、サッカーファンとしてはちょっと物足りない試合でした。もう少し世界レベルのテクニックも見られると期待していたのですが・・・。コスタリカ代表もお疲れなんでしょうね。
 入り具合はというと入場者数は23,801名。1階席のみの入場予定が、バックスタンドの2階、3階席も開放するなど、結構な入りでした。相当、市役所職員は動員されたのでしょうが。

 全体としては、いい盛り上がりだったのではないでしょか。2,000万円の持ち出しなら良しとするかどうかは、皆さんと考えてみたいと思います。ご意見お待ちしております。


平成14(2002)年5月20日 (月) 

 
午前中は、自宅で読書とデータ整理、メールの返信等。

 午後から、事前にお電話を頂いていた「老親」鑑賞希望者にチケットを渡しに地元の某整形外科に。その後、、市役所へ。道中、強風に負けそうであったが、何とかたどり着く。 

 市政情報コーナーでは、13年度の情報公開状況を確認する。W杯キャンプ地誘致活動費も公開請求されていたので私なりにまとめてみた。思うところはたくさんあるが、また今度にする。
 
 昨日、市民の方から以下のようなメールを頂いていた。
 「先日、久しぶりの休暇でスタジアムの地下のプールに娘と二人で行ってきました。その際、プールエリア内のサウナ室入口の扉で、娘が怪我をしてしまいました。よく見ると扉に「足元注意」なる張り紙がして有ります。監視員の人(アルバイト?)が親切にバンソウコウを貼ってくれたのだけれど、かなり深い傷でした。
 ところが、その治療中にもう一人同じ場所で怪我をした男の子がやってきました。確か、子供プールのはずなのにこれってなにか変じゃないの?怪我をした人が、大げさな抗議でもしないと改善されないのでしょうか。今度行った時には、改善されているといいななんて思っている私は甘いのですか。具体的に、どんな手続で改善していただく方向に進むか教えてください。はじめて行ったときから危ないと思っていたけど、自分の子が怪我するとは思ってなかった。出来れば、子供会などで利用したりしたいけれどそれも難しいよね、今のままでは。」


 そこで、教育委員会スポーツ課へ
現状確認に。スタジアムの管理所管であるスポーツ課では、把握してなかった模様で早速、スタジアムの事務所に連絡を入れていただく。業者と調整し、水曜日に改善策を図るとのこと。
 私も18時過ぎにスタジアム職員に現場を案内してもらい確認する。サウナ室入口の扉とフロアの隙間がわずかにあり、小さい子どもでは足の指を挟んでしまうことを認識する。この件の根本対策はもちろんであるが、施設内の不安全箇所、ヒヤリハット箇所の早急な洗い出しと対策をお願いする。職員さんからは例え小さな問題(この件がということではありません)でも情報を共有するように徹底すると伺う。ハインリッヒの法則で言うと「同じ種類のヒヤリ体験が300件あると、その陰に29件の軽い怪我、1件は大災害」があるという。メールを頂いた方には、大変、失礼な言葉かもしれないが、お子さんの「深い傷」のおかげで他の方の「骨折や指の切断」という大きな怪我が防げそうである。情報どうもありがとうございました。
 
 皆さんも何かございましたらご一報ください。

  

平成14(2002)年5月19日 (日)

 
今日は、9時から昨日、順延になった東山小学校の運動会。薄日の差す中、炎天下でもなく絶好の運動会日和かと思われたのも束の間、お昼前にはなんと雨が。結局、午前の部も一部残し、火曜日に再度延期に。これで雨が降り続けば諦めがつくのだが、13時過ぎには青空が。その後もいい天気に。天候には逆らえませんが、もうちょっと天気の神様もご配慮いただけたら。

 でも、個人的には、晴れてくれたので、午前中に参加できなかった会報配りを午後からは、多少手伝うことができた。皆さん、ありがとうございました。

 昨日も話題にしたが、それにしてもグランパス対コスタリカ代表戦のチケットが全く売れていない模様。今日もセスナ機で空中から宣伝。宣伝費が、数百万で売上が、数十万では洒落になりませんよね。
平成14(2002)年5月18日 (土)

 
今日は、東山小学校の運動会の予定であったが、連日の雨のため、明日に順延。そのため明日予定している保見ケ丘での会報配りに参加できなくなる。会報は、夕方までに中心になって配っていただける方に届ける。
 16時から18時までは、地元後援会の定例世話人会。後援会入会カード作成の件が中心議題。その他議会報告等。
 19時からは、私もいつもお世話になっている市木おさむ会(市木町の小林おさむ後援会)の総会に参加させていただく。あいさつでは、来年の統一選で「小林おさむ先生とともにおかだ耕一もお願い」と一言添える。
 
 話は全く変わるが、グランパス対コスタリカ代表戦のチケットが全く売れていない模様。私も多くの方にお声を掛けたが、結局友人と2人で観戦することに。平日の18時30分キックオフでは民間企業の方は、なかなか行けませんよね。他のキャンプ地の親善試合等は、整理券がなくて困っているらしいが、それは、土日でしかも無料ときている。数千万円かけて親善試合を誘致する意味があったのか間もなく分かる。

平成14(2002)年5月17日 (金)

 
今日は、議員で作る野球部の試合を夕方から実施する予定だった。と言っても野球ではなくソフトボールで。対戦相手は、市役所の部次長会の方々と。しかし、グラウンドコンディション不良のため中止。そこで懇親会の時間を繰り上げ18時より懇親会がスタート。私は日ごろ他会派の議員さんとも部次長さんとも親しく話をする機会も少ないし、とてもいい機会であった。今日は、ほどほどに抑えて・・・。21時過ぎにはバスで帰宅。
平成14(2002)年5月16日 (木)

 
今日は、市議会5月臨時会。通常の市議会、いわゆる定例会は、3月、6月、9月、12月に開催され、各議員が、それぞれの政策提言や市当局の様々な問題に対して追究し、意見を述べ、質問する「一般質問」が、中心となるのだが、この臨時会というのは、議案審議も通常通り行われるのだが、「一般質問」はなく、所属委員会の変更や正副議長の選出も行われるのが、この5月臨時会。毎年5月に定例的に行われるので定例会とも言えなくもないが、現在は法的に年4回と決まっている(と記憶しているが間違ってたらごめんなさい)ので「一般質問」も行う定例会にはできないはず。
 本会議では、私が所属している教育社会委員会に付託される議案以外の議案についてのみ議案質疑できるのだが、今回は1議案。その議案について質疑したのだが、議長経験のある先輩議員から「その程度の質問は事前に調べて本会議でやると恥ずかしいぞ。」とご指導を受ける。確かにもっともである。まだまだ知らないことばかりの行政、議会。これからしっかり勉強し、市民のために働ける議員を目指さなければ。それにしても他会派ながら先輩にご指導いただける私は幸せ者である。
 委員会審査では、質疑も若干行う。引き続き本会議では、討論もなく採決。
その後、正副議長から辞任の申し出があり、選挙となるのだが、議長選挙の際に議場閉鎖という行為がある。事務局職員が、本会議場の扉の鍵を閉めるのだが、そんなことは必要なのか疑問である。また、そもそも、申し合わせで正副議長の任期が1年というのはおかしなことである。「最大会派の中でのたらいまわし」と言われても仕方がないのではないか。個人的には、最大会派の中にあっても信頼できる方に議長をお願いし、4年間精一杯職務を全うしていただきたいと思っているが、1年間の持ち回りでは最大会派の議長候補の方に1票入れることはできないでいる。今年も私の信念に基づき、人柄、実績等を考慮し、ご本人の許可なく投票させていただいた。


平成14(2002)年5月15日 (水)

 昨日の新聞記事の新清掃工場建設の環境影響評価に対する公聴会の日程の件で環境政策課に。実は実施日が6月12日。この日は6月定例会の本会議の日。私は陳述者としても傍聴者としても出席は無理。市として日程調整に関わったかどうかを確認した。県の主催ということで直接、市は日取りについては関わっていないとか。
 また、私の勉強不足でちょっと気になった市営住宅への公共下水道の接続概要を下水道建設課、住宅課、営繕課に聞く。
 15時からは、湯浅副議長から人事の件、交通政策課、高齢福祉課から新規バス運行、高齢者の交通助成について説明を聞く。
 その後、市民課にお願いしてあった住民基本台帳の12年度、13年度の閲覧状況について市民課長から説明を聞く。13年度から手数料改訂され1世帯100円から1人150円になったため閲覧(転記)数の減少を期待していたのだが、現実は更に増えていた。12年度、80,436人分が、13年度、118,485人分に増加。名簿業者等にしてみればこの程度の値上げでは痛くも痒くもないといったところか。実際は、ユーザーの購入コストが上がるだけか。市民の情報を保護するためにも閲覧手数料の大幅値上げを再度要望するつもりだ。そうして、業者の名簿屋離れが進んでいけば良いのだが。
 20時からの市民の会は、豊クリーンの産廃中間処理施設問題への対応と新清掃工場の環境影響評価準備書に対する公聴会への対応について議論する。私が公聴会には出席できないので他のメンバーに意見陳述のお願いをする。岡崎の細川の方が陳述されて豊田市民が陳述しないということがないように。私は、明日の臨時議会の準備のため22時30分頃に途中で失礼する。
 帰宅後、議案質疑、委員会質疑の準備。今回は、臨時会ながら議案が結構あり、準備不足である。反省。

平成14(2002)年5月14日 (火)
 
 今日は1日会社員してました。あすは、しっかり議案について検討しよう。

 中日新聞朝刊には、新清掃工場建設の環境影響評価に対する公聴会を実施するとの記事が。口述人に立候補すべきか。

平成14(2002)年5月13日 (月)  

 今日は久しぶりに自転車通勤。午前中は雑務。5月28日に視察予定だったレインボー浜名湖、「体験型交通安全教育施設」視察が、先方の事情により30日に変更。29日の杉並区、「杉並区住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例」、練馬区、「練馬区個人情報保護条例」は変更なし。
 13時30分からは、議会課題検討特別委員会の傍聴。議員定数問題について議論しているのだが、なかなか議論が進まない。私も以前はしっかり議論するために時間をかけて議論すべきと思っていた。しかし、よく考えてみると「新人候補者(立候補予定者)にとっては、1年前になっても定数が決まっていないことは問題だ」と言う小林おさむ先生の言葉にはその通りと言わざるを得ない。また、定数が決まらなければ組織票をきれいに割って選出される全ト労連推薦候補や公明党候補の数も区割りも決まらない。それらに対処する私の戦術も定まらない。しっかり議論し、早急に決めなければならない。当然、市民にとっていい結果になるように。
 特別委員会の方向としては、@市民に対して広聴活動を実施する。Aその前提として情報提供を行う。B議員定数条例の9月上程。が決まる。

 委員会終了後、5月臨時議会のサイト作成と議案に目を通す。

 帰宅すると花本工業団地の立地企業についてのFAXが届いていた。進出企業は、名古屋市の特殊溶接棒の製造・販売・溶射・特殊溶接肉盛加工業の東海溶業梶B譲渡面積は約0.3ha。操業予定は、14年10月。あと5ヶ月しかないが、間に合うのだろうか。早く全区画販売できることを願う。


平成14(2002)年5月12日 (日)

 
今日はまず9時から4人で五ヶ丘で会報配り。その後、10時から3人が合流。あっという間に(でもないけど)終了。私は途中、志賀町の一部にポスティング。ちょっと前の週間天気予報では天気が危ぶまれたが、炎天下でもなくいい天気の中でポスティングでき、よかった。皆さんありがとうございました。
 皆さんとお茶した後、13時から神池公園で開催された美里地区マレットゴルフ同好会の総会&大会に。私も外山さん、水野さんと共に大会に参加したが、スコアは散々。来年はもうちょっといいスコアを。でも現職でないと来賓としては呼んでいただけないので・・・。
 今日は母の日ということで夕方からホームセンターに鉢植え?を買いに行く。皆考えることは同じか、すごい人だった。そのまま、かみさんの実家へ。

平成14(2002)年5月11日 (土)

 午前中は、友の会の仲間と2人で神池町で会報配り。小雨の降る中でのスタートであったが、配り終える頃には雨も止む。
 2人で食事をした後、13時30分過ぎからは、法律相談のため産文センターへ。今日は、7組の方が来られる。誰も来ないのは寂しいが、盛況なのも問題でしょう。
 法律相談後は、1人で美里4丁目の一部で会報配り。私の後援会会報のほとんどは、小林おさむ前県議の後援会報とセットでお届けし(小林おさむ前県議の後援会報のほとんどが私の後援会報とセットということではありません)、それぞれの後援会の方々で手分けしてポスティング等をしていただいているが、私の後援会配布分は残すところあと五ヶ丘のみ。明日は、晴れることを祈る。

 19時からは、地元、第一宝来自治区の区長主催の「区民の意見を聞く会」に住民として参加。終了後、おさむ会の企画会議に遅れて合流。県議の定数は4のままという前提で話しを進める。


平成14(2002)年5月10日 (金)
 
 
JR掛川駅に13時集合で東海若手市議会議員の会の定期研修会に参加。今回は、袋井市に静岡県が整備した小笠山総合運動公園の視察がメイン。この公園のメイン施設は静岡スタジアムエコパ。第1種の陸上競技場で観客席51,349席の巨大施設。まもなく開催されるW杯の会場でもあり、来年度の国体のメイン会場にもなるそうだ。建設費は300億円。これを安いと言ってはいけないが、45,000人収容の豊田スタジアムが313億円、陸上競技もできるこの施設が、300億円。しかも県の施設と市の施設の違いもある。サッカー場ファンには叱られそうだが、やはり私は今でも豊田スタジアムは豊田市にとっては不要な施設だったと再認識したところだ。エコパについては静岡県民の施設であるためコメントは控えておこう。
 施設視察後、会場を移し、各地の現況報告と情報交換をする。各議会での議員定数問題や合併問題、BSE問題、駅前再開発ビルの進出予定企業の白紙問題等、共通の問題、地域特有の問題等様々な意見交換ができた。また、今まさに議会人事問題の真っ最中であるため参加できなかった仲間もいたが、最大会派から数名で会派を割った仲間や4人会派から1人会派になった仲間など、それぞれ苦労しながら市民ための市政実現を模索している姿を垣間見る。
 2時間程度のミーティング後、更に会場を移し、懇親会。それぞれ皆さん、苦労している様子。


平成14(2002)年5月9日 (木)
 
 今日は1日会社員。しっかり会社員しました。

平成14(2002)年5月8日 (水)

 
1日情報収集、情報整理活動。「ニセコ町まちづくり基本条例」、「杉並区住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例」、「練馬区個人情報保護条例」について。
 20時からは市民の会定例会。産廃中間処理施設の計画書の縦覧と意見書をどうするかについて等。

平成14(2002)年5月7日 (火)

 午前中は、来客1件と5月中に行きたいと思っている研修会、行政視察の計画等の検討。
 午後からも来客1件と市民の方から相談を受けた件で福祉保健部の総務課、生活福祉課から話を聞く。2週間をめどに・・・。
 その後は、廃棄物対策課で産廃中間処理施設の計画書の縦覧。資料としてはとても少なくあっという間に目を通せた。今回の施設は破砕のみであるが、汚染浸透水の排水について注目したい。廃棄物対策課での縦覧は、まだ、4、5名だったが、猿投交流館では地元の方が、縦覧していることをただただ願う。
 また、交通安全課に地元要望の通行規制の実施時期について再度確認する。市から警察署の方には、随分前に申請されているようだが、警察署から県の公安委員会の方への申請時期が不明。事故防止の観点から早期の実現を願う。
 議会事務局に調整してもらっていた視察スケジュールが退庁前までに決まる。5月28日にレインボー浜名湖で「体験型交通安全教育施設」を、29日には杉並区へ「杉並区住民基本台帳に係る個人情報の保護に関する条例」、練馬区で「練馬区個人情報保護条例」を勉強させてもらってきます。

平成14(2002)年5月6日 (月)

 10時過ぎから13時頃まで野見山町、美里4丁目の一部で会報配り。午後から一服して美里5丁目で会報配り。今日は、1日1人で寂しくポスティング。運動不足の私は足がパンパンです。また、行く先々で外山さんの会報もポストに。負けてはいられませんね。
 コンピューターウィルスKlez(クレズ)の被害は今のところなし。

平成14(2002)年5月5日 (日)

 今日の午前中は、後援会会報サイトの作成。データの外付けHDDへのコピー。明日、コンピューターウィルスKlez(クレズ)がパソコンを破壊するという噂。嘘かホントか分からないが、念のためにバックアップ。
 雨上がりで郵便ポストの濡れが乾いた午後から会報を配ろうと思っていたが、ほんのちょっとのつもりの昼寝がちょっとで済まなかった。3時間も眠ってしまった。あ〜あ。
 夕方からかみさんの実家へ。夕食ご馳走様でした。
 明日は念のためパソコンを触らない予定。よろしくお願い致します。


平成14(2002)年5月4日 (土)

 3日、4日で能登半島方面へ1泊旅行に行ってきました。大河ドラマ「利家とまつ」の人気もあり、雨の中でも金沢周辺は大変でした。また、事前の報道の通り、往路、復路ともに高速道路は相当の渋滞。疲れましたが、リフレッシュできました。5、6日はまた、会報配りを再開します。

平成14(2002)年5月2日 (木)

 午前中は、渋谷町3丁目、東山町2丁目で会報配り。

 午後から大急ぎで美里中学校育友会総会へ。13年度の役員さん、お疲れ様でした。14年度の役員さん、よろしくお願いします。総会に先立ち、新学習指導要領の概要について説明がある。通知表の評価の仕方も相対評価から絶対評価に変わるが、本来こうあるべきだっただろう。でも14年度の3年生の高校進学時の評価に限っては相対評価になるとのこと。
 それから疑問点が1つ。美里中学校のPTAは育友会と呼んでいるが、全部の中学校がそうなのだろうか。来賓席で隣に座られた水野さんに聞くと「高橋中も育友会と言ってるけど・・・」。また調べてみよう。それにしても、午後の授業参観から総会終了まで参加された保護者の皆さん本当にお疲れ様でした。

 その後、市役所に行き、高齢福祉課に介護保険制度の住宅改修、
すこやか住宅リフォーム助成事業における提出書類の受領証について、高規格道路課対策課から寿恵野小前の歩道橋、道路計画について聞く。寿恵野小前の歩道橋については道路改良後にまた、以前のように設置するとのこと。
 
 18時30分から2時間程度、市民相談を受ける。

 話は変わりますが、5月5、6、11、12日の各10時から11時過ぎくらいまで会報を配るのですが、どなたかお手伝いいただけませんか?

平成14(2002)年5月1日 (水)

 午前中は、ためにためたメールのチェックと返信作業。返信が遅くなりました皆さんすみませんでした。
 午後から、あいちゴミ仲間ネットワーク会議・処分場部会として県廃棄物対策課と交渉。参加人数は20人強。産廃処理施設問題に直面している音羽、岡崎、春日井、瀬戸の仲間からの質疑に対する回答を求める。とよた市民の会から参加した私と小林おさむ事務局長はただただ聞き役に。交渉の中で県職員が、いかに現場の実態を把握していないか再認識する。県としては、書類さえ揃っていたら記載内容が偽りでも申請が通ってしまう事実を知る。本当にこんなことでいいのか。最低限、申請書類の記載内容の確認作業は、現地現物ですべきだと思うが、そういうことが欠けている模様。

 20時過ぎからの市民の会会合では、私から、若干の市政報告とごみ関係の会合の報告後、「豊クリーン」の産廃中間処理施設の許可申請にどのように対応するか議論。まずは計画書の縦覧だけはしようということになった。 さて、地元住民はどう動くだろうか。
 また、映画「老親」のチケットが完成。いよいよ販売開始。皆さんも是非ご覧下さい。


▲戻る おかだ耕一へメール