岡田耕一

☆- 近況報告 -☆

平成11年分
平成12年分
平成13年分
平成14年分

平成14(2002)年12月31日 (火)

 
今日は、小掃除、後援会会員名簿更新、会報配布準備等であっという間に暮れる。
 私の両親とかみさんの4人で紅白等を見ながら年を越す。
 年明け後、東山町自治区の越年祭を覗き、新年のあいさつ。


平成14(2002)年12月30日 (月)
 
 
今日は、9時から11時前まで保見ケ丘での会報ポスティング。その後、2班に分かれ、私たち3人は、松平地区でポスティング。
 昼過ぎには、自宅の方で会報の配布準備等。
 夜は、懐かしい歌番組を見た後に出身消防団の激励に。2時まで団員とともに特別警戒?まだまだみんな頑張っているが、お先に失礼する。こうして2002年もあと1日となった。


平成14(2002)年12月29日 (日)

 今日も9時から小林おさむ市木事務所にて多くの皆さんとともに、おさむ会ニュース&岡田耕一後援会報の発送準備作業。私は、15時過ぎまで。
 その後、1時間程度、自宅の方で会報の配布準備。
 17時30分からは、21時過ぎまで隣組の毎年恒例の忘年会。楽しく、有意義な時間だった。


平成14(2002)年12月28日 (土)

 
今日は、13時から小林おさむ市木事務所にて多くの方の参加の中、おさむ会ニュース&岡田耕一後援会報の発送準備作業に合流。皆さん、小林おさむ県議選再選のために休日返上でいろんなお手伝いをされている。そして、私もその恩恵にあずかっている。ありがたいことです。
 私は、18時過ぎには、失礼し、帰宅後、30分程度、自分の後援会分の発送準備をする。
 その後、19時30分から岡崎市内で開催された有志での忘年会に参加。40名前後の会だったが、豊田市民の参加も半数以下ながら、いろいろなお願いした。21時からの消防団の年末特別警戒(年末夜警)激励のため、1時間弱で退席。
 消防団の年末特別警戒(年末夜警)激励も21時40分頃には、失礼し、小林おさむ市木事務所でのおさむ会企画会議に遅れて参加。私もいろいろご指導いただく。23時30分には、お開き。


 話は変わるが、昼にニュースを見ていたら、福島県岩代町の全町民約9600人分の個人情報が納められた住民基本台帳のバックアップデータが、業務を受託している業者の社有車内から盗まれていたと。

以下、毎日新聞ニュース

 福島県岩代町の住民基本台帳に登録されている全町民約9600人分の個人情報を収めたマイクロテープが盗まれていたことが28日、分かった。同町がシステム管理を委託しているコンピューター関連会社エフコム(本社・同県郡山市)の社有車が駐車中に車上荒らしに遭い、車内のケースごとなくなったことが判明。盗難届を受けた福島署は捜査を始めた。
 同町などによると、マイクロテープにコピーされていたのは全町民の住所、氏名、生年月日、性別、移動記録、住民票コード。町民課によると「特殊な機器でないと解読できないよう情報処理されており、実際に漏えいする可能性は極めて低い」(伊東政隆課長)という。
 同町は、住民基本台帳をバックアップするため、月1回程度、更新情報をマイクロテープにコピーしてケースに鍵をかけ、それを同社が本社に持ち帰って保管していた。
 社員が26日、役場でコピーしたマイクロテープ3本をジュラルミンケース(約40センチ×約15センチ×約10センチ)に入れて2カ所に鍵をかけ、社有車で持ち帰ろうと同日午後6時20分ごろ、福島市中町の同社分室に立ち寄って社有車のドアをロックした。数分後に戻ったところ、車の窓ガラスが割られ、ケースがなくなっていた。
 ケースには「岩代町」のシールが張られていた。車内には他の自治体のバックアップデータ入りケースもあったが、無事だった。
 管理に関し、同町はテープの輸送方法などについての具体的な取り決めはしていなかった。ケースの鍵は役場が保管し、災害などに備えて、バックアップデータを同社に保管する態勢だった。
 大内正男町長は「ハッカーやウイルス対策はともかく、こうした物取りへの対応は議論しておらず、大変驚いている。情報漏れはないと思うが、町民に不安を与えないよう町民の住民票コードを変更するなどの対応を検討したい」と話している。
 住基ネットに詳しい関西大法学部の園田寿教授(刑法、情報法)の話 コンピューターセキュリティーは、人的な面での対策も重要だ。個人データは本来、現金と同程度の慎重な取り扱いが求められるが、車内に置いたままにするなど、自治体や業者の個人情報保護意識がまだまだ低いことを示した。他の自治体でも起こりうる事件だ。悪用を防止するため住民票コードの変更や、変更履歴の抹消も必要だろう。町は業者に対する監督などの注意義務を怠ったわけで、手抜かりがあったと言われても仕方がない。全住民の個人データが漏えいした京都府宇治市のように民事上の損害賠償の対象にもなる。(毎日新聞)

 全く、園田寿教授の言われるとおりだ。豊田市も他山の石として欲しい。



平成14(2002)年12月27日 (金)

 
今日は、8時から近くの内科で胃がん検診と大腸がん検診を行う。5月頃、市から検診の案内が来たにもかかわらず、なかなか受診することができなかったのだが、27日、今日が期限だったので昨日予約していたものだ。先生にも「神経を使いすぎてないですか」と気遣っていただき、「カメラで見る限りでは、大丈夫」ということだった。まだ、検便による検査が残っているが。私は、人生で初めてバリウムを飲んだが、想像していたほど、飲めないものではなかった。今では、味付けしていて飲みやすくなっているんですね。また、胃カメラを飲まなければならないと覚悟していたのだが、飲まずに済んだ。よかった。
 話は全く変わるが、こちらの医院のお嬢さんは、美里中学校の先輩で、今は、救命救急センター勤務だそうだ。女医さんで救命救急センター勤務は、きつそうですね。
 検診後、自宅で、資料に目を通したり、本を読んだり。
 午後から、1軒、訪問し、質問を受けていた件の報告をする。
 その後、市役所で最後の雑務。
 また、医療センターに長期療養病床の件で電話でいくつか質問する。
 15時からは、全庁放送で市長のあいさつも。
 控室の机の上も片付け、17時過ぎには、議会事務局の皆さんにあいさつをし、退庁。
 帰宅後、後援会報が完成、納品されたので明日のために、車に詰め込む等。



平成14(2002)年12月26日 (木)

 
午前から午後にかけてサイト作成と整理。選挙ポスター デザイン案のご協力お願いします。
 15時からは、逢妻衛生処理組合議会の定例会。議案は2つ。30分程度で終了。
 また、高齢福祉課に介護保険の関係(特別養護老人ホーム)のことについて質問する。
 夕方からは、友の会広報部長さんと情報交換。
 1日が本当に早いですね。あっという間に2002年も終わってしまいそう。まだまだやり残したことばかりなのに。


平成14(2002)年12月25日 (水)

 
午前中は、書類整理、資料整理等。
 午後から、市役所に行き、各種資料に目を通す。また、子ども課で母子手当てのことを聞く。
 20時からの市民の会定例会では、私から監査報告結果等の市政報告、1月12日の中村敦夫講演会のタイムスケジュール、告知の件、等々。23時30分にはお開き。
 昨日の日記でなぜ、不明11文字が、記載されたのかということについて「
こうして考えるとBよりもCと考えるのが自然だと思う」と述べたがCよりもBに思えてきた。
 今日の例会でも議論になったが、そんなことよりも委託業者から契約どおりに案内文書サンプルが、納品されなかったこと、完成文書が納品された時もノーチェックだったことを仲間も問題にしていた。当然ですよね。


平成14(2002)年12月24日 (火)

 
豊田市は、9月末に市内の高齢者約25千人に発送した老人保健法改正の案内文書に「すいてたしせめれわめけ」と意味不明な文字が印刷されたまま郵送し、その後、苦情電話を受けてお詫びのはがきを郵送した。1025日、この問題を外山正孝議員とともに郵送にかかった不必要な経費147万円の損害賠償を市長に対して求める監査請求を行った。その回答期限がきたので、10時頃から、監査委員事務局より「住民監査請求に係る監査結果報告書」として結果報告を受けた。

 なぜ、不明11文字が、記載されたのか
監査結果報告書では、
@コンピュータウイルスの侵入の可能性
A外部からのハッキングの可能性
のいずれについても可能性は低いとしている。私もそう思っている。また、
B事務用文書等が誤って、文書作成中のパソコンのキーボード上に置かれ、不明11文字が、挿入された可能性
C他の職員が、文書作成中のパソコンを福祉オンライン端末として使用しようとして触れた際、誤って不明11文字が、挿入された可能性
についての可能性が考えられるとしており、私も同感である。パソコンのキーボードを見るとこんなことがわかる。意味不明な11文字「すいてたしせめれわめけ」のうち「すいてた」までは、カナ入力すると左側に横一列。「し」についてもすぐ近くにある。「せめれわ」は、右側に縦一列。「け」についてもすぐ横にある。こうして考えるとBよりもCと考えるのが自然だと思うが、そのようなことまでは言及していない。

 結論は
 そして、結論として報告書では、「案内文書作成に係る事務処理、業務委託契約における監督・検査の事務処理について、関係職員に注意義務違反があったとは言えない。よって、市長にも管理監督責任、損害賠償責任はない」としている。
 私は、事実経過を見ると委託業者から案内文書サンプルの納品、校正もされず、完成文書が納品された時もノーチェックであることを問題と捉えている。確かに担当課が、業務多忙であったことも認識している。しかし、通常では考えられない事情により、意味不明な11文字が挿入されたとしても、民間企業であれば、文章を校正、チェックするのは、当然のことではないだろうか。それを行っていない庁内体制を指摘しているのだ。この報告書は、言い訳の羅列としか思えない。今後の対応については、連名で提出した外山議員と協議しようと思っている。


 その後、総務部より、21世紀基金の件、土地開発公社の取得用地の状況の報告を受ける。これらは、バブル期の遺産であるが、とんでもない状況になっている。市当局としては、公にしたくないだろうが、はっきり市民に対して情報提供すべきだろう。

 今日が、年内納品の最終入稿日ということで議会報告作成を必死に行い、必死に校正。何とか年内にできそう。その他、原稿作成等。

 退庁後、会報郵送準備等。帰宅すると指名停止のFAXが、2件も届いていた。いずれも指名停止期間は、3ヶ月。いつも思うのだが、法的には、どうなのか勉強不足でいけないが、停止期間、3ヶ月というのは、短過ぎないだろうか。

平成14(2002)年12月23日 (月)

 
7時15分くらいから8時15分くらいまで渡刈清掃工場前で市民の会主催の中村敦夫講演会の案内ビラを配布。実は、7時集合のはずだったが、大幅に遅刻。トヨタさんが休みじゃないから渋滞は、いつも通りだった様。
 昼前に1軒あいさつに。
 12時から1時間程度、市民相談。
 午後からは、今日も読書、パソコンデータ整理等。
 19時から21時まで産文センターにて知事候補者、池住義憲(いけずみよしのり)氏を囲む会に参加。こうした候補が、知事になれるような県にしなければと思う。

 


平成14(2002)年12月22日 (日)

 
午前中は、のんびりする。
 午後から読書、会報原稿修正、後援会名簿入力、メールの返信、パソコンデータ整理等。

 

平成14(2002)年12月21日 (土)

 今日は、12時から連絡事務所看板の設置に。先日このサイトで愚痴をこぼしたら早速、ご連絡いただき、「私のところでよろしければ」とありがたい申出が。雨の中、設置にもご協力いただき、1時間ほど話も。ただ、ただ感謝。
 16時からは、後援会の世話人会議。今日は、日程調整できない方が多く、極少人数での会議となる。選挙ポスターや会報の件など。
 その後、皆さんが集めてくださった後援会入会カードの入力等。



平成14(2002)年12月20日 (金)

 
今日は、1日、議会報告の原稿作成、資料整理等。
 
夕方からは、会社に行き、選挙ポスターの素案等をもらう。
 その後、自宅に戻って、会報郵送準備等。
 


平成14(2002)年12月19日 (木)

 
今日は、12月定例会閉会日。10時からの開会に先立ち、「公立幼稚園・保育園の民間移管計画の見直しを求める請願書」を提出された民間移管計画の見直しを求める親の会の皆さんが、その後、集められた758名の署名簿を持って来られたので、それを預かる。採決では、請願時に提出された署名6048名と今回の758名の署名を重く受け止め、請願採択を願い、討論するも賛成少数で不採択となる。今後は、親の会の皆さんの活動を側面からバックアップしたいと思う。個人情報保護を常に訴える私としては、目的外利用しないために署名簿は、すぐに返却。本音で言えば、コピーくらいしたかったが、格好つけてしまった。当然ではあるが。
その他、議案は全て可決。請願は全て不採択となり閉会
 11時30分頃閉会し、その後、すぐに全員協議会。内容は、海外視察報告書が完成したのでその報告。私の手元にも何部かありますので読みたいと思われる方は、ご一報ください。
 そして、ちょうど傍聴に来られた親の会の皆さんと庁内でバッタリ会ったため、13時まで懇談。
 その後、すぐに議会図書等活用委員会。購入図書・資料の紹介と今後について。私からは、議会図書室は、規約として市民利用できることになっているのでその告知と収蔵図書をサイト上で公開できないかと提案。前向きな検討事項となる。
 また、サイトの更新、議会報告の作成等であっという間に1日が終わる。今回は、風邪と戦いながらの厳しい定例会であった。


平成14(2002)年12月18日 (水)

 
午前中は、自宅で討論原稿作成。
 14時から15時過ぎまで、ホテルフォレスタでの名誉市民、豊田寿子さんを偲ぶ会に参列。多くの市民とともに故人を偲ぶ。
 その後、控室で引き続き討論原稿作成。20時過ぎには退庁。19時30分からの「クローズアップ現代」に間に合わなかったのでビデオに撮る。明日にでもゆっくり見たいと思う。
 21時頃に遅れて市民の会例会に出席。中村敦夫講演会、知事選に向けたイベント、議会報告等。風邪の方が多く、また、私の討論原稿が完成していなかったので22時30分には、お開きにしてもらう。

 さあ、これからもうひと踏ん張り。


平成14(2002)年12月17日 (火)

 
10時から企画総務委員会の傍聴。土地開発公社からの行政目的のない土地取得に厳しい発言をされた光岡委員(前議長)に拍手。11時30分過ぎに終了。
 その後、企画課長にいろいろ質問。
 14時から16時過ぎまでは、社会福祉審議会児童専門分科会の傍聴。市立幼稚園・保育園の民間移管計画についての会議。各層の代表(委員)からの質問や意見が聞け、有意義な傍聴であった。私も委員長から3分だけという条件で発言を許可されたので
@保護者理解を得るため、しっかり本音で情報提供すること。
Aみずほ保育園の完全移管実施の経過を見て保育園の移管計画を立てること。
B幼稚園の移管は、モデル的に1園のみ実施し、その経過を見て幼稚園の移管計画を立てること。
と意見するとともに委員の皆さんに6000名を超える保護者の方から見直しを求める請願書が提出されたことを考慮して欲しいと付け加える。良識派の委員の皆さんには、十分思いは伝わったと思っている。
 その他、討論原稿作成等。
 夕方、三井造船が、ガス化溶融炉受注で3億円の工作資金を使った事件で明日の「クローズアップ現代」で、詳細が報道されると情報が入る。



平成14(2002)年12月16日 (月)

 
10時から教育社会委員会の傍聴。付託された議案以外に2件の請願があり、12時近くまで審査。
 請願では、「公立の幼稚園・保育園の民間移管の中止を求める請願書」の紹介議員である大村議員が、委員外議員として発言を求め、「公立幼稚園・保育園の民間移管計画の見直しを求める請願書」の紹介議員である私も委員外議員として発言を求めたが、思政クラブ、公明党の反対多数で発言は許可されず。例え、考えが違っていてもそれを認め、議論するのが、議会、委員会の役割だと思うのだが、豊田市議会では違うらしい。今日は、市民の傍聴も多く、どう思われただろうか。
 思政クラブの委員から中止を求める請願については、多くの反対意見が出され、不採択となったが、見直しを求める請願のほうは、「パブリックコメントや社会福祉審議会にて市民の意見を組み入れる手順を準備しているから不要」とよくわからない発言。それを含めて見直せと言っているのだが・・・。

 夕方、午後7時と10時のNHKニュースにて、ガス化溶融炉の問題が報道 されると情報が入る。 三井造船が、ガス化溶融炉受注で3億円の工作資金を使い、三井造船から下請け業者を通じて元国会議員秘書らに渡っていたことがわかったということだった。そうした工作をしないと受注できないシステムということか?


平成14(2002)年12月15日 (日)

 
午前中は、のんびりし、午後から、また、連絡事務所看板撤去。美里地区なのだが、いろんなしがらみで「申し訳ない」ということだった。1年近く連絡事務所になって頂いていたが、相当嫌な思いもされたのではないだろうか。私としては本当に申し訳ない思いである。
 その後、その看板を持って、新たに連絡事務所になっていただける方のお宅へ。そして、次号の後援会報掲載用の写真撮影も2件。
 連絡事務所は、個人の連絡事務所6箇所、後援会の連絡事務所6箇所、設置できることになっているが、今は、計10箇所。あと2箇所、誰か連絡事務所になっていただけませんか!
 明日は、教育社会委員会で請願に対する意見を委員外議員として述べる予定。委員が認めてくれればであるが。


平成14(2002)年12月14日 (土)

 
9時から11時前まで東丘幼稚園、12時30分頃まで東山保育園の生活発表会を観覧。園児達の演技が、微笑ましく、ほおが緩みっ放し。
 昼過ぎから3軒の区長宅へ次期市議選での推薦依頼。また、店舗を閉められた後援者のお店へ行って、連絡事務所看板撤去。誰か連絡事務所になっていただけませんか!
 14時過ぎに遅れて法律相談へ。今日は、4組。
 15時過ぎから市職労幼保支部主催の「なぜ今、民間移管か」と題して二宮厚美神戸大教授の講演会に遅れて参加。質問もいくつか出され、いい会だったと思う。教授の話では、那覇市の民間移管したある保育園では、質を下げないための施策を行った結果、結局コスト削減につながらず、移管を議会が中止させたとか。先日の議会答弁では、来年度完全移管されるみずほ保育園には、市から主任1名と保育士4名を派遣するとのこと。これでも完全移管だろうか?コストは?
 19時30分からは、おさむ会の企画会議。今後の活動について、詰める。23時過ぎには、終了。小林先生帰宅後、数名で1時間程度話し込む。


平成14(2002)年12月13日 (金)

 
10時から私が所属する環境福祉委員会。各種質疑をし、11時過ぎには終了。
 その後、議会報告原稿作成。また、各種資料に目を通す。
 庁内で次期市議選立候補予定者であるN氏に会う。私のこのサイトも時々見ていただいてるとのこと。N氏とは、縁があり、私がトヨタ元町品質管理部時代に社内研修で試作部に実習に行った時にお世話になった上司である。組織力からいってN氏の当選は間違いないであろうが、私も一緒に仕事をさせて頂きたいと思っている。
 夕方には、先日借りたポスター用写真のポジフィルムを会社に返しに行く。
 18時から1時間程度、市民相談を受ける。


平成14(2002)年12月12日 (木)

 
朝一番で神池郵便局へ市民の会会報を郵送のため持参。ちょうど水野議員の後援会のニュース?も郵送されていたようだ。元区長がもって来られていた。
 10時から産業建設委員会傍聴。30分ほどで終了。
 その後、一般質問の質問&答弁をまとめる。議案書、補正予算書とにらめっこしながら明日の環境福祉委員会での質疑検討、その他原稿作成。
 19時頃までには、産文へ中村敦夫講演会の使用料を支払いにいくが、駐車場のゲートの調子が悪かった。係員さんには連絡したが、大丈夫だろうか。


平成14(2002)年12月11日 (水)

 
10時から一般質問。市立保育園・幼稚園の民間移管計画について質問。26項目通告していた質問を再質問時間も考え、最終的に10項目にした。地元後援会の方、保護者の方も多数?傍聴に駆けつけてくれる。病児保育の考えについては、いい答弁であったと考えるが、移管計画の見直しについては、のらりくらり、はぐらかされた感じ。議案質疑も4つほど。ちょうど正午頃終了。
 午後から来客1名。職員給与、議員報酬、民主党代表問題、合併問題等、多方面にわたり、情報交換する。
 また、ためていた10件以上のメールの返信等。
 19時からは20時半ごろまで、市民相談。
 21時から24時くらいまで市民の会例会。会報郵送準備、議会報告、中村敦夫講演会、知事選対応等。


平成14(2002)年12月10日 (火)

 
一般質問2日目。今日は、大村さんが怒る。1回目の質問を11分台で終えたにもかかわらず、理事者答弁後の残り時間が2分しかないのだ。再質問後の答弁も途中で打ち切り。こんな議会運営でいいのだろうか。毎回、我々は、議員、理事者の時間をそれぞれ15分ずつに明確に分けるように要求しているのに。なぜ嫌がるのだろうか。理事者が嫌がるのは分からないではない。思政クラブや公明党が応じないのだ。おかしいでしょ。
 18時過ぎには退庁。
 19時から友の会会合。次期選挙の政策(公約)のすり合わせ、選挙ポスターの件など。22時にはお開き。

 
 私は、明日10時から一般質問。まだまだ原稿を削らなければ・・・。早く寝たいよ〜。


平成14(2002)年12月9日 (月)

 今日から、12月定例会、一般質問開始。今日のトップバッター中村晋議員の質問に答える形で鈴木公平市長が、正式に加茂病院移転先を浄水地区と表明。その他、地域バランスも考え、地域医療センターの移転も視野に入れた検討もしたいと発言。現在、医療センターでは、耐震工事、看護学校の整備途中。医療体制についてもちぐはぐ感が否めない。


平成14(2002)年12月8日 (日)

 
風邪がなかなか完治せず、休みながら質問準備。
 また、昨日、潟Rバック社長の小林憲司さんから贈られた「コバック・ウェイ 夢と感動の車社会」を途中まで読む。小林憲司さんとは、勉強会を通じて、もう10年近くのお付き合いになるが、小林社長が、専務で、本店しかない時代に「コバックをフランチャイズ化し、全国で100店舗達成する。」私もトヨタ社員時代に「市議会議員になり、市民の声を代弁する議員になる。」とお互いに大ほらを吹き、自己研鑽した仲である。それぞれ、方向は違うが、目標設定し、それに向かって頑張っている。私も更に頑張らなければと思いを新たにする。まずは、風邪を治して。


平成14(2002)年12月7日 (土)

 
9時から野見幼稚園の生活発表会に。上手にできる子もできない子もそれぞれ一生懸命に取り組む姿に心が和む。
 その後、数軒の区長宅を訪問。次期市議選での自治区推薦のお願いに。あまり感触は良くなく・・・。
 休憩後、夕方から市民相談。
 18時過ぎ、遅刻して、市木おさむ会の役員会の忘年会に合流。しし鍋を腹いっぱい楽しむ。束の間の楽しいひと時を過ごす。

平成14(2002)年12月6日 (金)

 
10時から豊田市議会12月定例会開会。いよいよ今日からスタート。重要議案、各種請願等19日まで議論
 会議終了後、若宮保育園の園児を迎え、消防署に配備された起振車の試乗会(揺れ体験会)。私も園児とともに初の体験をする。今までこうした体験は、県のなまず号を借りるか、中署の防災学習センターに出向くしかなかったが、今後、いろんな場所で活躍されるだろう。今、市のサイトを見たら『防災指導車「防サイ君」を導入』と出ていた。貸出などの問合せ先は、豊田市消防本部予防課 電話0565−35−9704(直通)まで。
 12時40分より海外医療福祉視察団最後の全体会。視察報告書の配布、積立金の返金について等。今日を持って視察団は解散。
 13時より次期市議選出馬予定者の市政記者クラブ写真撮影。
 その後、質問資料の整理と、質問原稿作成等。
 19時頃には退庁し、会社に先日撮影した写真のポジフィルムを取りに行く。
 数軒の地元自治区長宅へ次期選挙の推薦依頼状を持参し、20時過ぎからは、とある相談を1時間ほど受ける。
 地元に帰って、地元区長と情報交換。


平成14(2002)年12月5日 (木)

 
10時から1件、11時から1件の面会予定であったが、10時からの相談は、事前連絡なしのキャンセル。仕事はできたが、でも連絡くらいくれてもよさそうなものだが。

 11時からの相談は、請願の紹介議員になる件。市立幼稚園・保育園の民間移管計画を見直してほしいというもの。私と全く同じ思いであったので快諾する。昨日も別の団体から市立幼稚園・保育園の民間移管を中止してほしいという請願の紹介議員になってほしいと私のもとにも来られたが、私自身、民間移管には、必ずしも反対ではないので、丁重にお断りした。外山さんと大村さんが、紹介議員になる模様。今定例会では、民間移管計画関連の請願が少なくとも2件は出される。しっかり審議したいと思う。
 午後からは、一般質問原稿の作成。通告では、7項目、26点の質問だったが、5項目12点ほどにしたいと思っている。
 15年1月12日開催予定の中村敦夫講演会の会場が決まった。豊田産業文化センター小ホールにて18時30分からの予定です。詳細は別途ご報告いたします。


平成14(2002)年12月4日 (水)

 
午前中は、いくつかの電話の応対と質問原稿作成。
 14時30分から1時間強、社会部と一般質問についてのヒアリング。どの質問を削除するか悩む。答弁も期待通りとはいかないか。
 質問項目の絞込みをしていたらあっという間に16時を大幅に過ぎる。実は、16時から2時間、豊田加茂議長協議会主催の議員研修会が美術館講堂であったのだ。演題は、地方分権の推進と市町村合併」。残念だが、12月定例会準備に専念する。
 20時過ぎから市民の会の例会に。私から簡単な市政報告、一般質問の内容について。小林おさむ事務局長からは、中村敦夫講演会開催の件、知事選への対応の提起がある。1月12日に決まった中村敦夫講演会の場所取り担当の私の責任は重大だ。ぜひ、多くの方にお集まりいただき、集会を成功させたい。詳細は別途ご報告いたします。

 一般質問 一覧表一般質問 通告書もご覧ください。
私の質問日時は、11日(水)の10時からです。

平成14(2002)年12月3日 (火)

 午前中は、自宅で事務処理。
 午後からほんのちょっとだけ役所に顔を出し、一般質問一覧表等をもらって、勤務先の会社へ。実は、今日は、来春の選挙ポスター用写真の撮影日。14時からの予定だったが、15時からに。その間、一般質問の原稿を会社のPCを借りて作成。社長には内緒です。
 撮影は、結構時間がかかり、途中休憩をはさみ、19時30分終了。100枚以上の写真を撮ったが、使える写真は、何枚あるのか。
 帰宅後、一般質問一覧表をしっかり見ると私が質問する市立保育園・幼稚園の民間移管計画関連の質問を他に誰もしないことが判明。他に重要な案件も多数ありますが、他会派さん、それは、ちょっと寂し過ぎませんか。一覧表は別途作成します。
 それから、稲沢市長選挙で善戦された前市議の野々部尚昭さんが、早速、投票日翌日から、駅頭で街頭にてお詫びの演説をしていることをメールにて知る。私ももっと頑張らねば。


平成14(2002)年12月2日 (月)

 午前中は、14時締め切りの一般質問通告書の作成。5分前には提出する。かろうじてセーフ。質問は、市立保育園・幼稚園の民間移管計画について7項目、26点の質問を通告。実質質問時間15分にしては、少々多い質問項目ですが、たぶん思政クラブの議員さんも質問するでしょうし、重複質問、類似質問もあると思いますので、10〜15点くらいに絞られると思います。
 15時過ぎからお二人が来庁。2時間程度接客。
 17時30分からは、議員親睦会。39名中、37名の議員が出席。4年に一度懇親会をやるそうだ。今期で議会をご卒業される意思を固められている方も多く、役所内で見る顔と違った一面も垣間見る。来賓として特別職3役にもお越しいただき、いろんな話をした。「こういう時はいい人なのに役所内では嫌な奴だもんな〜」と某特別職からは、お褒め?のお言葉も。私も4年後のこの会には、絶対出られるように頑張りたい。ちょっと違うか?ちなみに今回の予算は、毎月1000円ずつ積み立てている親睦会費から出ていますので、公費の不正使用ではありません(笑)。

平成14(2002)年12月1日 (日)

 今日は、メール返信、一般質問原稿作成、サイトの作成等で1日が終わる。
 稲沢市長選挙で頑張っていた野々部尚昭(ののべなおあき)候補の結果が出た。ののべ尚昭候補 14,047票、現職の服部ゆきみち候補 16,882票、共産党の渡辺ゆきやす候補 4,137票。本当に残念です。あと一歩でした。野々部さん、選対の皆さん、お疲れ様でした。私のお願いによりお声を掛けていただいた皆さん本当にありがとうございました。野々部さんの再起に期待します。
 明日は、一般質問通告日。私は、市立幼稚園・保育園の民間移管について質問する予定。


▲戻る おかだ耕一へメール