☆- 近況報告 -☆
平成11年分
平成12年分
平成13年分
平成14年分
平成15年分
  




平成15(2003)年12月31日 (水)

 
早朝からかみさんが、病院に看病に行ったので私は結局まともな大掃除もせず、返信用の年賀状書きやメール返信等で夕方まで過ぎてしまった。
 その後、私も病院に。おばあちゃんも思ったより顔色もよく一安心。
 
 夜は、私の両親とともに年に1回の?食事を紅白歌合戦を見ながらとる。

 年があらたまり、恒例となっている東山町の越年祭に出かける。今年1年、皆様にとりましてもいい年でありますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


平成15(2003)年12月30日 (火)

 
朝、上郷のかみさんの実家から電話が入る。同居するおばあちゃんの具合が急に悪くなり、動けない状態だと。 その後、救急車で加茂病院に搬送され、即入院とのこと。重い肺炎とのことで90歳を超える年齢だけに心配。かみさんは、大掃除を取りやめ、病院に。
 私は、不測の事態に備え、自宅で待機。その間、市外の方へ出す年賀状を書き、午後から後援会会報とともに発送。後援会会報は、北局、豊田局、高岡局、上郷局でそれぞれ出す。 これで年明け早々には着くだろう。

 その後、手伝うことはないかと上郷の実家に行く。大したこともできず帰宅し、公職選挙法上、先に出すことができない、市民の方への返信用の年賀状書きに勤しむ。



平成15(2003)年12月29日 (月)

 
午前中、体のリフレッシュのために以前行った名古屋の鍼灸治療院に。午後から、栄の地下街を散歩。

 夕方、市外の方へ出す年賀状を書く。市民の方へは、公職選挙法上、自筆による返書以外は出すことができませんのでご了承ください。

 18時から地元の隣組の忘年会。楽しいひと時を過ごす。


平成15(2003)年12月28日 (日)

 
今日は、大掃除?雑務。その他。

 夜は、消防団の年末特別警戒の激励。寒い中、皆さんお疲れ様です。

 

平成15(2003)年12月27日 (土)

 
9時前から入れ替わり立ち替わり、地元の方、支援者の方々の応援を頂きながら後援会会報の発送準備。 といっても会報が届いたのが、9時20分頃だったのでそれまでは、封筒にラベルを貼るだけの作業。 会報が届いてからは、ラベル貼り、会報折込、テープ貼り、仕分けと多くの方にお手伝いいただき、明日までかかる予定だった作業が15時前には終了。 年末のお忙しい中、皆さん、ありがとうございました。

 15時からNPO法人ドットジェイピー東海の代表とスタッフのお二人が来られる。 この会は、学生による議員インターンシップを主に実施されている団体で私の元にも3年程前にも他の方が来られたが、前回は丁重にお断りをした。
 あれから時は流れ、私も2期目となり、会派も結成し、後援会事務所も常時オープンしているわけではないが、器だけは備えた。 前回よりも環境的には受け入れ易さはあるものの、理事者や議会としての理解がなければ参加される学生さんにとってはあまりいい体験ができないと思う。 そこで私は、受け入れ議員になることは拒否しないが、一議員個人に議員インターンシップの受け入れをお願いするより、それぞれの議会に対して受け入れをお願いし、そこで受け入れ議員を募ってはどうかと提案。 今後の課題としたいということであった。 議員のウェブサイトで受け入れ議員を探しているようだが、議員サイトで議員の善し悪しはわからないし、サイトを開設していない議員でもすばらしい議員はたくさんいるのだからこうしたアプローチが今後必要ではないか。
 しかし、私程度でいいのなら若い学生さんにすべて見てもらい、反面教師にでもなれれば協力したいとは思う。

 


平成15(2003)年12月26日 (金)

 
午前中、施行業者の主催の広域圏組合最終処分場安全祈願祭出席のため、藤岡町の現場に。 帰りに鯛のお頭付きの弁当をもらったのだが、こんな立派な弁当を出すくらいならもう少し落札価格を下げる努力もしてもらいたいものだ。 でも捨てるわけにはいかないから食べてしまった私。

 14時30分からは総合交通研究特別委員会。まず、理事者から渋滞緩和策について説明があり、その後、今年度の報告のまとめ方の議論。 私からは、視察はしていないものもTDMを考えるのであれば自転車の積極利用のための専用道整備、通行帯整備、駐輪場整備や啓発活動を入れるように提言。

 今日で役所は仕事納め。私たち議員は、役所外でもうひと頑張りしなければ。

 19時から会社の忘年会に。2次会のボウリング、3次会のカラオケとお付き合いし、帰りは5時前。いいストレス発散ができた。ちょっと疲れたが。


平成15(2003)年12月25日 (木)

 
10時30分から豊田加茂広域市町村圏事務処理組合議会12月定例会。補正予算含む5議案について審議。私は、補正予算について質疑。全議案可決。

 午後からは、伊勢湾岸自動車道の豊田南IC〜豊明IC間が完成したことに伴う、挟入れ式・パレードを豊明IC付近本線上で、開通式典を豊田市高岡公園体育館で行う。 記念式典で来賓の皆さんが多く主張していたが、「とにかく地元のために道路を」ということには私は賛同できない。 しかしながら、この路線は、豊田市のみならず、日本にとっても重要かつ採算が取れる路線であると私は思っているので今日は大いにお祝いしたいと思う。 豊田JCまでの早期開通を願う。
 でも東海環状自動車道の建設は日本の現在の危機的な財政状況を考えると疑問でならない。そして、もっと疑問の多い路線を直轄方式と称して多額の税金を投入して作ろうとしている政治家及び官僚に憤りを感じる。
 そうそう、記念式典後には、高岡コミセンで伊勢湾岸自動車道開通記念行事実行委員会の主催の意見交換会と称した飲食を伴う交流会も実施。 土地を提供された地権者や地元の対策協議会の皆さんを労う会なら少々やってもかまわないとは思うが、これも税金の支出であると思われる。 飲食を伴わない交流会に移行すべきと考える。と言いながらも私も少々つまんではいるのだが。


平成15(2003)年12月24日 (水)

 
午前から午後にかけて、原稿作成、明日開催予定の広域圏組合議会の議案書、補正予算書の精読等。

 15時からは、議会活性化特別委員会。まず、「一般質問に関する申し合わせ事項」について。会派に持ち帰り、話し合いの結果、「特に問題はないが、 一点、『発言順位は毎定例会、最大会派が1番に行い、2番以降は、抽選により決める。ただし、順位に偏りが出た場合若しくは政策上の具体的な内容により、 順位変更の申し出がなされた場合は、議会運営委員会で協議する。』という項目は、市民の側から見ると分かりにくい。今後の課題にすべき。」ということだったので今日、意見として申し上げる。
 また、議題の「委員会の活性化」については、議案質疑のあり方、委員会質疑のあり方を検討。これも会派で意見集約し、今後協議することに。

 20時からの市民の会では、私から九久平の地下水汚染の報告。海外視察に関する皆さんからの意見等の報告。そして、先日実施した、市民講座の反省。 内容的には満足できるものだったが、集客面での課題が共通認識。映画「折り梅」、今後の市民講座での集客も考える。
 クリスマスイブに23時前まで会合やってる私たちって・・・。さすがに大晦日はお休みに。
 

平成15(2003)年12月23日 (火)

 
今日は1日、公務がなかったので、久しぶりに会社員として刈谷市を中心に営業活動に勤しむ。議員活動とは違った心地よい疲れ。


平成15(2003)年12月22日 (月)

 
午前中は、郵便局へ各種入金。その後、原稿作成等。

 午後から地元の区長さんが来られ、懇談。

 その後、会社に行き、後援会報の最終入稿。年内納品に間に合うギリギリのタイミングで何とか入稿完了。会社で近況を聞くとこれから超多忙になりそうだと。 年明けから出勤する予定だったが、明日の公務はなかったので明日、急遽、出勤することにした。


平成15(2003)年12月21日 (日)

 
午前中、自宅のちょっとした片づけ。頻繁にやっているつもりだが、片付かない。 物を整理する能力がないということは頭の中も整理する能力がないということか。

 午後からは、事務所の整理。4月の選挙後からあまり片付いていないが、ちょっとは片付いた気がした。いずれも捨てる勇気がなかなか・・・。


平成15(2003)年12月20日 (土)

 
きれいに雪が積もった。久しぶりオフ。休日を満喫。今日は自宅でのんびり。


平成15(2003)年12月19日 (金)

 
資料整理等の雑務であっという間に時間が過ぎる。本当に時の流れが速く感じる。

 19時からは、小林おさむ元県議の市木の後援会(市木おさむ会)の忘年会に妻同伴でお邪魔する。 最後にお時間をいただき、海外視察について問題提起すると「そんな視察、参加を辞退すべき」という方と「120万円も旅費にかけるのは疑問があるが、 岡田君には120万円かけででも視察に行ってもらいたい。」とありがたいお言葉も。 数的には後者の方が圧倒的に多くてちょっと悩む。もっと多くの皆さんにも考えていただきたいと思っている。


平成15(2003)年12月18日 (木)

 
午前から午後にかけて、自宅と事務所で事務処理等の雑務。
 
 夕方から市役所で雑務。

 18時30分からは産業文化センター視聴覚室で「公的介護保険制度の経験から、在宅福祉の問題点を探る」と題して 医師で NPO法人 医療と福祉の市民ネットワーク東海 理事長の伊藤光保さんを講師にお迎えした市民講座を実施。
 実際に医師として医療面と介護保険制度導入に関わってこられた経験から多方面からの有意義な話しが聞けた。 こちらがご無理を言って話を1時間程度にしてしまったため、ちょっと早足に。でも40分程度の質疑応答もでき、内容的には大成功だったと思っている。 しかし、参加者が、主催者を入れて30人程度では本当にもったいなかった。我々の動員力に限界を感じた。
 終了後の21時過ぎから講師を囲んで食事会。こちらでもざっくばらんな細かな話までできよかった。22時30分にはお開き。


平成15(2003)年12月17日 (水)

 
非常に長く感じた12月定例会が閉会。結果はこちらから。
 この関連で言えば、他会派の先輩議員から「討論で妊産婦の無料検診と病児保育とを 同列でしかも費用対効果で比較すべきではない。どちらも必要なことだから。」とご指摘頂く。 たしかにそうかもしれないなとちょっと反省。ただ、議論や検討にタブーがあってはいけないとは思っている。 それにしてもこのように指摘していただける私は幸せ者である。

 13時からは、理事者からの報告。豊田市都市マスタープラン全市構想の素案についての説明を受ける。説明後、都市整備部所管に関するいろんな話も。

 夕方、会社に行き、議会報告の作成検討。

 20時からの市民の会では、明日、開催予定の市民講座の最終打ち合わせ。また、映画「折り梅」と同様の高齢者福祉に関する映画の情報がDMで来たのでその情報提供と映画上映の最終決定。 珍しく22時頃には会は終わったのだが、若手3名で海外視察談義。結局帰ったのは今日も23時過ぎ。

 夜、メールをチェックすると、以前、町田市の病児保育施設を一緒に視察した小児科関係者の方から明日も先進地の視察に行かれるとのメールが届く。 クリニックのサイトに「病児保育準備室」を立ち上げたら早速、反響があったとか。ぜひ早期に開設していただくことを願います。


平成15(2003)年12月16日 (火)

 9時から野見幼稚園の生活発表会に。これが、今年最後となる生活発表会。どの園を見ても本当にかわいいですね。 平日にもかかわらず、会場は満席。私は、退席する機会を逸して、市役所には10時5分くらいに到着し、企画総務委員会の傍聴に。

 13時30分から第1回目の海外視察団会議が開催された。全体会の後の各視察団ごとの会議では、他の団員の方から私の参加の意思についての質問があったのでお時間を頂き、 「視察の意義は十分理解しているし、行きたい気持ちもあるが、120万円という視察費用の面で市民理解が得られると思えない。極力、経費節減に努め、 費用に見合った成果を挙げられると判断したらぜひ一緒に参加したいと思っている。そうでなければ辞退したい。今すぐ結論を出せるものではない。」と簡単に説明させていただく。 それに対して「旅費にこだわらず、成果を第一に考えるべきだ。」とのご意見も頂いたが、態度を明確にするまでには若干の時間はあるので多くの方からご意見頂き、ゆっくり考えたいと思う。

 15時からは、議会活性化特別委員会。主に先日視察した一宮市議会の一問一答式による一般質問を参考に、本市議会での申し合わせ事項の検討。また、委員会の活性化に関する今後の進め方等。
 本市議会での対面式一問一答式の導入は、多額の費用がかかる議場の変更を伴い、合併による議員定数問題にも関わるので17年3月定例会からとなる見込み。

 委員会終了後、討論原稿作成。


平成15(2003)年12月15日 (月)

 
今日は、7時から豊田市駅周辺で12月18日開催予定の市民の会主催による市民講座開催案内のビラまき。 小林おさむ事務局長とともに寒さをこらえてビラまきをする。 師曰く「全然受け取ってもらえない」ということだったが、私としてはあまり期待していなかったせいか、想像以上に受け取ってもらえたという感じ。

     市民講座のごあんない
日時:12月18日18時30分から
会場:豊田産業文化センター 視聴覚室
内容:公的介護保険制度の経験から、在宅福祉の問題点を探る。
講師:伊藤光保さん (NPO法人 医療と福祉の市民ネットワーク東海 理事長)
資料代:500円。

多くの方のご参加お待ちしております。

 10時からは私が所属する教育社会委員会。 議案121号 青少年相談センター条例に関しては、対象年齢、廃止される青少年相談所の跡地利用について質問。 また、128号 一般会計補正予算の消防団積載車購入に関して当初予算ではなく、なぜ、補正か聞く。理由は国からの前倒しの補助金交付によるものだそうだ。私は付託された全議案に賛成。
 請願6号 医療・介護・福祉など社会保障の充実と暮らしを守る請願書に関しては、かかる経費と優先順位を考え、意見を述べ、不採択の立場をとった。

 11時30分からは、議会図書等活用委員会。先日お願いしたアンケート結果について協議。議会図書室のあるべき姿を探る。
 
 その他、依頼された文書の作成。やっと完成し、依頼者にFAX。

 また、討論原稿作成等。



平成15(2003)年12月14日 (日)

 
今日は、午前中、布団を干したり、掃除をしたり・・・。また、昨日買った書類ケースの洗浄も。これで何とか使えそうだ。

 午後からも庭になっている柿木を剪定。剪定というより伐採に近いくらいバッサリ切った。 陽がも当たらないような小さい庭にしては大きくなり過ぎたため、断腸の思いで・・・。もう来年は柿もならないか?

 夕方から後援会の名簿整理と後援会報の発送準備。

 17時過ぎからフィリピントヨタ労組支援グループの反省会に。

 20時頃帰宅。引き続き、後援会報の発送準備。



平成15(2003)年12月13日 (土)

 
午前中、のんびり。午後から買い物に。 リサイクルショップでは10個引き出しがついた書類ケースを500円で2つ購入。でも相当汚いので洗浄する人件費が高くつきそう(といっても私が洗うのだが)。

 その他、委員会に向けて再度、議案書に目を通す。


平成15(2003)年12月12日 (金)

 
10時から環境福祉委員会。今日は、7名ほど、学泉大学の学生さんが、傍聴に来られていた。 委員会終了後、学生さんに声をかけ、太田議員、神谷議員とともに即席の懇談会を持つ。何か参考になるものがあればいいのだが。

 18時過ぎ、依頼された文書の作成、議会報告の作成等。

 夕方から会社に行き、議会報告発行の打ち合わせ。年末の忙しい中、会社のスタッフの作業時間を2時間も拘束してしまった。ごめんなさい。


平成15(2003)年12月11日 (木)

 
10時から産業建設委員会。

 午後からは、合併協議会があったのだが、昨日の特別委員会でほとんど聞いてしまった感じがしたため、傍聴には行かず、 依頼された文書の作成、議会報告の作成等。




平成15(2003)年12月10日 (水)

 
10時から一般質問。今日は、30分の質問が、2名。 ちょっと笑っちゃったのが、水野議員の「学校5日制になって基礎学力の低下はないか」との質問に対する答弁で教育長が「基礎学力の低下はありません」と。 学校2学期制の導入理由は、授業時間数減少による学力低下を解消するためじゃなかったの???

 その後、議案質疑。今回は、私は、質疑なし。

 13時からは、合併推進特別委員会。明日開催される法定協議会の内容を説明。今後の委員会のスケジュール、進め方等を検討。 しかし、実質的な検討機関である、小委員会の後に開催される特別委員会では意味がないと考え、スケジュールについて質問するも私と考えがすれ違ったままの中根委員長からの回答だった。 公明党の山本さんも私と同様の考えだったようだ。小委員会で審議される事項を事前に特別委員会で審議すべきであると考える。 そして、小委員会に議会代表で参加されている委員さんに代弁してもらうのだから。

 20時からは、市民の会定例会。私から議会&市政報告。その後、18日開催の市民講座の打ち合わせ。また、自衛隊のイラク派遣についても議論。

 月がきれいな夜だった。



平成15(2003)年12月9日 (火)

 
今日は、2番目で質問が回ってきた。先日の忘年会でご案内した甲斐があって、多くの地元の方が、傍聴に来てくださった。 ありがとうございました。おかげでちょっと緊張。。。
 答弁はあまり満足できるものではなかったが、支援者の皆さんが議場に来ていただいたという意義はあったかな。


平成15(2003)年12月8日 (月)

 
今日から一般質問が始まる。9月定例会で市長が出馬宣言しなかったのでトップバッターの岩月さんの質問に対して「実質的な出馬表明」をされた。 対抗馬は、共産党だけか?大村さんもまだ、教えてくれないけど。
 外山さんのマニフェストの改ざんに対する市答弁は、疑問が残る。謝罪すべきはしっかり謝罪すべきと思うのだが。それにしても外山さんの情報収集力には、頭が下がる。

 明日に備えて、まだ未完成の原稿修正。どうなることやら。
 

平成15(2003)年12月7日 (日)

 
9時から美里幼稚園の生活発表会に。ここは、美里中学校区唯一の私立園で運動会に引き続き、今回始めて生活発表会もお招きいただく。 こうして多くの園の発表会を見させていただくとそれぞれの園の特色というものを感じて、またこれがいい。 きょうは、午前中で失礼したが、今までは、2日に分けて行っていたものを今年は、午前の部と午後の部に分けて行ったとか。

 昼食後、14時からは、市民の会の仲間4名でジャスコ豊田店前にて「とよた市民の会」の18日開催予定の市民講座のビラ撒き。 寒さがこたえたが、7〜800枚は配れたか?少しでも効果があればいいのだが・・・。寒さに負けて16時前には撤収。

 その後、書店で来年の手帳を購入。ホント年の瀬ですね。

 あとは、原稿作成。


平成15(2003)年12月6日 (土)

 
9時から東丘幼稚園の生活発表会。4つほど見た後、10時20分頃、隣接する東山保育園に。こちらも生活発表会。 こちらは最後まで見させていただいたが、どちらの園の子も本当にかわいく、楽しい時間をすごせた。終了後、園長先生、来賓の皆さんで懇談。

 夕方から日頃、お世話になっている方のご子息が資格試験に合格したということで合格を祝う会に。といっても主賓を祝うというより、ただの飲み会に。楽しく飲む。



平成15(2003)年12月5日 (金)

 
今日から12月定例会が始まった。まだ、一般質問原稿が完成していないが、頑張ります。

 本会議終了後は、ひたすら原稿作成。

 19時から地元の後援会有志が開いて下さった忘年会に。初めて?準備段階から私がタッチしない会となり、楽をさせていただいた。 35,6名の参加者があり、大変有意義で楽しいひと時を過ごせた。また、責任の重さも実感。頑張らねば。
 

平成15(2003)年12月4日 (木)

 
今日は10時50分集合で議会活性化特別委員会視察として一宮市議会の傍聴に出かけた。 来年度導入を目指している、一般質問の「一問一答式」、「対面式の質問」を実施している現場を見るために出かけた。 一宮市議会では、12月定例会がもうすでに始まっており、今日が一般質問の最終日。 いずれも途中になってしまったが、2人分の質問を見ることができた。
 やはり一括質問、一括答弁よりも聞いている方はわかりやすい。何とか対面式議場に改修するための予算も計上していただき、来年6月定例会から導入できないものか。
 
 15時30分頃には帰庁し、明日からの議会準備。




平成15(2003)年12月3日 (水)

 
8時過ぎに第1宝来自治区長、第2宝来自治区長、前第2宝来自治区長と待ち合わせ、外山さんとともに8時30分から30分間ほど、 鈴木市長に対して第2宝来ふれあい広場存続願いの要望書を両自治区の署名簿とともに提出。地元のふれあい広場の活用状況、存続のお願いの生の声を建設部同席のもと市長に届ける。
 申し入れ後、控室で懇談。

 13時からは、一般質問ヒアリング。質問時間は実質15分なのだが、ヒアリングは、15時近くまでかかってしまった。今回もあまり答弁に期待できそうもない。

 その他の時間は、質問原稿作成。まだまだ2割程度もできていない。頑張らねば。

 夕方、行きつけの床屋さんに。と言ってもいつも2店をローテーションしているので実に4ヶ月ぶり。本当にご無沙汰してました。

 19時から21時頃まで第1宝来自治区の1部住民の問題点解決に向けた懇談会。これで4回目になるが、なかなか難しい問題。 名古屋に住む地主さんとの関係である。行政も民事不介入だもんな〜。しかし、一定の方向は結論付ける。

 今日は大幅に遅れて市民の会に合流。私から議会関係の報告等。産廃処理施設、地域広場、学校2期制、選挙と自治区の関係の4項目を実質15分で質問しなければならないことを報告。 メンバーからは、もっと項目を絞ってと指摘されるが、 どれも今回やっておかないと意味がなくなるものばかり。せめて30分あれば・・・。


平成15(2003)年12月2日 (火)

 
朝、出掛けに、以前、市民(法律)相談を受けた方から電話で相談が。1月の無料相談で再度話を詰めることに。
 
 午前中、100円ショップでファイルを大量購入し、今まで収集した資料を整理。

 午後、地元紙記者さんと情報交換、篠田代表と意見交換等。

 その他、質問原稿作成等。


平成15(2003)年12月1日 (月)

 今日が、12月定例会の一般質問通告日。朝から質問項目を検討し、通告書を作成。 例によってちょっと(私のちょっとはちょっとじゃないが)多めに通告する。 @産業廃棄物施設の新設について、A地域域広場の確保について、B学校2学期制導入への不安について、C選挙、後援会活動に関する事項について、大項目4つ、小項目で21点の質問を予定。 12月定例会関係はこちらからどうぞ。
 質問日時は9日(火)の朝の2番目、10時30分頃からのスタートになります。最近傍聴席が寂しいのでぜひ、お越しください。

 通告後、12月定例会も含めたサイトの作成。その他、資料整理等。

 また、議長宛の海外調査研究視察申込書を提出。中身は、アジアコース、アメリカコース、ヨーロッパコースの行きたい視察先の優先順位をつけるもの。 私は、アメリカコースを第1優先にしたが、あわせて、下記の事項を付け加えた。
 「なお、視察旅費について私の考える費用(限りなく80万円に近付ける)を大きく超える場合、計画の途中であっても団から抜ける可能性があることを申し添えます」と。


▲戻る おかだ耕一へメール