☆- 近況報告 -☆
平成11年分
平成12年分
平成13年分
平成14年分
平成15年分
平成16年分
平成17年分

平成18年分
平成19年分
平成20年分
平成21年分
平成22年分



無料法律相談のご案内 




平成23(2011)年3月12日(土)

 朝から報道番組から目が離せなかった。言葉にならないほどの惨状。私に何ができるか、自問自答。

 14時から1時間、美里地区わくわく事業の発表会に。どの事業も素晴らしいものばかり。これからもよろしくお願いします。

 16時から1時間半、選挙ポスターの選定をメインに選対会議。最後は多数決で決定する。僅差だったが新デザインに決定。その他、選挙ハガキ、選挙カーの看板についても決定。皆さんありがとうございます。

 以上のようなつぶやきをツイッターに投稿したら、友より「今の時期あまり選挙のこととか、自分のこととかはツイートしない方が良いかと思います。 世の中殺気立っています。 老婆心ながら。 」とメッセージをもらう。
 恥ずかしながら、さっそく削除。配慮が足りませんでした。猛省。

 明日、開催予定だった豊田市消防団観閲式の中止のお知らせも入る。



平成23(2011)年3月11日(金)

 10時から生活社会委員会および予算決算委員会環境福祉分科会を傍聴。14時45分頃、分科会の最中に委員会室も大きな揺れが。暫時休憩し、状況を把握。ニュースを見ると大変なことに。15時から分科会は再開。そして、16時前には終了。

 地震により、緊急メールとよた地震情報が不調に。防災防犯課長によると、配信停止したとのこと。

 夕方、支援者宅数軒へ会報を持参。ポスティングのお願いにあがる。そして、下山地区にも足を延ばす。また、地元の方ではないが、下山地区で選挙ポスターを貼っていただける方も。大変ですが、よろしくお願いします。

 帰宅後、報道番組を見る。大変な現実が次々に。行方不明者の一刻も早い救援を期待します。


  以下、3月11日付の議会事務局からの情報提供

件 名   平成23年東北地方太平洋沖地震によるによる豊田市災害対策本部体制について

 豊田市は、3月11日14時49分に市内で震度4の地震が観測されたことを受け15時00分より豊田市災害対策本部第1非常配備体制をとり、災害対応を行ってる。
 17時15分に体制を縮小し、事務局(防災防犯課)及び上下水道対策部による1非常配備体制を継続している。

1 非常配備体制について
時刻 市内震度 配備体制
11日 14:49 震度4 猿投地区
震度3 高岡地区、小坂本町、 小坂町、稲武町、大洞町(小原)
震度2 旭地区
震度1 長興寺、下山地区
15:00
 第1非常配備体制
11日 17:15 17:15
 第1非常配備体制縮小
  事務局、上下水道対策部による配備体制

2 地震発生状況(15:30現在)
発生時刻:平成23年3月11日 14時46分ごろ
震源地 :北緯38.0度、東経142.9度
三陸沖(牡鹿半島の東南東130km付近)
深さ 約10km マグニチュード7.9

3 被害報告について
・人的、住家被害、ライフライン、道路関係 被害報告なし(15:30現在)

       

2 地震発生状況(17:30現在)
発生時刻:平成23年3月11日 14時46分ごろ
震源地 :北緯38.1度、東経142.9度
深さ 約20km マグニチュード8.8

3 被害報告について
・人的、住家被害、ライフライン、道路関係 被害報告なし(17:00現在)


件 名  東部給食センターが新しくなります。


〔内容〕老朽化した東部給食センターの改築をすすめてきましたが、新センターがこのほど完成し、4月から供用開始します。給食センターとしては、初のPFI事業方式(市としては交通安全学習センターに続き2例目)となります。

1 施設概要
(1)事業用地  豊田市東山町6丁目1089番地ほか
(2)敷地面積  21,524.5u(旧センターの敷地含む)
(3)延床面積   5,912.2u(旧センターの約3.1倍)
(4)施設構造  2階建鉄骨造
(5)調理能力  13,000食/日 2献立調理方式
(6)給食配送先 45校(園)
(7)建 設 費  約33億8千万円(民間資金調達の利息分約4億円を含む)

2 PFI事業概要
(1)事業内容  東部給食センターの設計、建設、維持管理、運営(調理、配送)
(2)事業期間 ・施設整備期間    平成21年6月〜平成23年1月
・開業準備期間    平成23年2月〜平成23年3月
・維持管理、運営期間 平成23年4月〜平成38年3月(15年間)
(3)事業形態/事業方式  サービス購入型/BTO方式
(4)民間事業者 (株)豊田東部スクールランチサービス
※構成員 (株)グリーンハウス【代表企業、給食調理】、(株)梓設計【設計監理】、前田建設工業(株)【施工】、(株)日立ビルシステム【維持管理】、トヨタ生活協同組合【給食配送】、日本調理機(株)【調理機器】、厨林堂【運営備品】
(5)契約金額 約97億3千万円

3 今後のスケジュール(予定)
平成23年4月7日 新センターでのPFI事業者による給食調理開始
平成23年4月   旧センターの解体工事、外構整備工事(〜平成23年8月)
※旧センター跡地に駐車場(102台)を整備予定

4 内覧会について
先にご案内のとおり、内覧会を開催します。
・日 時  平成23年3月15日(火) 午後2時00分〜午後2時40分
※出欠については既に連絡をいただいております。




平成23(2011)年3月10日(木)

 10時から教育次世代委員会および予算決算委員会教育次世代分科会を傍聴。私は分科会にて1件、分科会委員外委員発言を行う。納得できる答弁ではないが、前向きな答弁も得る。

 委員会終了後、ためてあった日記の更新等。

 17時過ぎ、後援会事務所にてレンタカー会社の訪問を受ける。いい車が準備できそうだ。

 18時過ぎより、支援者廻り。会報をお届けに。ポスティングよろしくお願いします。。



  以下、3月10日付の議会事務局からの情報提供

件 名   「豊田市家畜伝染病対策会議」を解散しました

〔内容〕
 豊田市は、平成23年1月26日(水)豊橋市の高病原性鳥インフルエンザ発生に伴い、「豊田市家畜伝染病対策会議」を設置し、情報収集やまん延対策等を行ってきました。
 愛知県は、平成23年3月10日(木)午前0時をもって、新城市における高病原性鳥インフルエンザ発生に伴う移動制限を解除し、県内のすべての移動制限区域の解除に伴い、終息宣言をしました。
 本市は、これを受け、平成23年3月10日(木)「豊田市家畜伝染病対策会議」を開催し、鳥インフルエンザに伴う体制を解除しました。


〔参考〕
・豊田市家畜伝染病対策本部及び対策会議設置要綱に基づく設置

議長:産業部長 12部24課で構成(事務局:産業部農政課)


件 名   「三河家康公の旅歓迎団」の観光ガイドブック・DVDが完成しました

 三河家康公の旅歓迎団では、歓迎団を構成する3市(岡崎市、安城市、豊田市)観光スポットを紹介する観光ガイドブック及びDVDを製作しました。
 徳川家康公とそのルーツである松平家をテーマに、家康公の出世物語を、パワーポットや風水と結びつけた「開運ロード」として捉える、斬新なスタイルになってます。
 今後、国内はじめ中国、台湾、韓国へ旅行代理店を通じて発信するなど、地域へ観光誘客に活用していきます。
 なお、本市においては、ガイドブックを商業観光課窓口などでも配布します。DVについては、観光関連事業者への配布や、観光キャンペーンなどのPR活動に使用ます。製作金額は約700万円、詳細は以下のとおりです。

1.ガイドブック「開運ロード(詳細版)」
  A5判 カラー16ページ
  日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語の4カ国5言語
  製作部数 60,000部  (内訳)日本語      20,000部
                    英語       10,000部
                    中国語(簡体字) 15,000部
                    中国語(繁体字) 10,000部
                    韓国語       5,000部
2.ガイドブック「開運ロード(概要版)」
  A4判 カラー6ページ
  日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の4カ国5言語
  製作部数 75,000部  (内訳)日本語      25,000部
                    英語       10,000部
                    中国語(簡体字) 20,000部
                    中国語(繁体字) 15,000部
                    韓国語       5,000部
3.DVD
  収録時間 約10分
  日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応
  製作部数 2,000部
備考
  岡崎市、安城市と同時に報道発表をします。
  報道発表予定日  平成23年3月11日(金)午前





平成23(2011)年3月9日(水)

 登庁後、明日の予算決算委員会教育次世代分科会での分科会委員外委員発言通告を行う。

 10時から私が所属する環境福祉委員会および予算決算委員会環境福祉分科会。環境部および福祉保健部(市保健所も)の関係議案の審査を行った。議案及び予算について、結構なボリュームもあったのだが、14時半頃にはすべての審査を終えた。一度も質問しない議員(委員)もおり、残念。

 委員会終了後、明日の予算決算委員会教育次世代分科会での分科会委員外委員発言について、担当課から聞き取りを受ける。質問の趣旨は、季節性のインフルエンザ治癒証明の発行に関して、本市では、医師会との協議で、「解熱後2日後ではなく、発症後7日間を経過」となっている。その妥当性を問う予定。

 本日より、夜の市民の会の例会は中断。選対会議へ合流する。



  以下、3月8日付の議会事務局からの情報提供

件 名   第6回豊田市観光交流プロモーション認定事業の募集についてお知らせします

 
 豊田市観光協会(豊田市役所産業部商業観光課内)は、下記のとおり「豊田市観光交流プロモーション認定事業」を募集します。
この事業は、豊田市の集客力や知名度が向上するような観光PRやイベント、観光ツアーなどの観光交流プロモーションに取り組む事業を認定し、経費の一部を助成することにより、意欲あふれる民間事業者を支援するもので、これまで旅行社・出版社・ホテル・広告代理店・商業関連団体などが支援を受けました。
 豊田市観光協会では今回も効果的かつ創意工夫をこらした多数の事業申し込みを期待しています。
 なお、当事業予算については、豊田市議会3月議会の議決を経て確定します。

1 募集期間
   平成23年3月 7日(月)〜平成23年3月28日(月)

2 事業実施期間
   平成23年4月25日(月)〜平成24年2月27日(月)

3 助成内容
 助 成 率  事業実施にかかる経費の2分の1以内
 助成限度額 1事業につき500,000円以内
 詳細は豊田市観光協会ホームページを参照
  (http://www.citytoyota-kankou-jp.org/about/

4 対象団体
 以下のいずれかに該当する民間団体
・法人格のある団体(例 株式会社、NPOなど)
・任意団体(例 まちづくり協議会、実行委員会など)
・上記に掲げる複数の団体で構成された団体

5 認定審査方法
 豊田市内の各地区観光協会及び豊田市観光協会の事務局長計7名が、PR性、集客性、新規性、継続性、波及性、発展性について審査

6 主催
 豊田市観光協会




平成23(2011)年3月8日(火)

 8時過ぎから、我が母校、美里中第34回卒業式に参列。素晴らしい式であった。203名の34回生に幸多かれ!

 11時より12時半まで、地元の方の葬儀告別式に参列。私が浪人時代から気にかけて頂いた方でもある。ご冥福をお祈りいたします。

 午後、日頃お世話になっている小児科の先生と情報交換。お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

 15時頃、登庁し、17時半過ぎまで明日、開催予定の環境福祉委員会および予算決算委員会環境福祉分科会に関する私が予定している質疑に対してのヒアリング。義務ではないのだが、より正確な答弁を得るために事前に確認している状況。

 18時半頃、会社に行き、ポスターの校正を行い、再度、数点のポスター案を持ち帰る。


 以下、緊急メールとよた不審者情報

■日時
3月4日(金)午後6時45分頃

■場所
豊田市永覚新町地内
■被害者
女性
■状況
帰宅途中、男に後方から口をふさがれ、抱きつかれた。
■被疑者等
フード付き上衣
■情報元はパトネットあいち



  以下、3月8日付の議会事務局からの情報提供

件 名   豊田市基幹バスの追突事故について

〔内容〕
 豊田市が名鉄バスに運行を依頼している豊田市基幹バスで、バス車両が軽トラックに追突しました。

発生日時:平成23年3月8日(火)午後2時25分頃

発生場所:豊田市東梅坪町2丁目6−3番地先付近 (国道419号  JAあいち豊田梅坪支店前)

路 線 名:藤岡・豊田線(西中山経由) 藤岡中学校前午後1時38分発豊田市行き

運行事業者:名鉄バス(株)豊田営業所(電話:32−1371)

事故状況: 
 豊田市基幹バスで使用している大型バスが前方で減速した軽トラックに追突しました。軽トラックは車両左側後方をバスは車両前面を破損しました。
 軽トラックの運転手及びバスの乗客約30名、運転手に怪我はありませんでした。
 名鉄バス鰍ヘ、代行バスを現場に向かわせましたが、乗客は、その到着を待たずに徒歩等で駅方面へ向かわれました。

対  策: 豊田市は、車間距離を十分に確保して不測の事態に対応できるよう運行事業者に徹底しました。


件 名   足助地区スクールバスの交通事故の発生について

 豊田市(足助支所)が潟Iーワに運行を委託しているスクールバス(市所有)が、普通乗用車と接触事故を起こしました。

1.発生時間  平成23年3月8日(火)午後4時45分ごろ

2.発生場所  豊田市東大島町トウノ前27番 西方200m先
(主要地方道岡崎足助線)

3.運行事業者 株式会社オーワ足助営業所 (電話:67−2222)

4.事故状況  
 中型のスクールバス(57人乗り)が、足助中学校を出発し岡崎方面に向かって走行中、主要地方道岡崎足助線の直線道路で、反対車線を走行中の普通乗用車と接触。
 スクールバスは、右側面の一部が破損。普通乗用車は右側フェンダーミラー、運転席ドアーが破損。
 なお、生徒は乗車しておらず(本日は卒業式で、生徒は昼便のバスで下校済み)、スクールバス運転手と普通自動車の運転手と同乗者1名に怪我はなかった。

5.今後の対応 市は、早急に運行事業者に対し、事故再発の防止に向けた安全教育を徹底するように指導する。





平成23(2011)年3月7日(月)

 10時から産業建設委員会および予算決算委員会産業建設分科会。といっても私は傍聴のみ。16時半頃終了。

 その後、私が所属する環境福祉委員会および予算決算委員会環境福祉分科会の準備等。

 18時過ぎ、整形外科へ通院。

 帰宅後も環境福祉委員会および予算決算委員会環境福祉分科会の準備。


  以下、3月7日付の議会事務局からの情報提供

件 名   市立寿恵野こども園の職員室横 テラス屋根の一部が割られる

 市立寿恵野こども園(園長:野々山(ののやま)洋子(ようこ))/園児数:134人/職員数:20人)の職員室横 テラス屋根の一部が割られていました。詳細は、下記のとおりです。

                                 記

1 発生日時  平成23年3月5日(土) 午後6時10分〜7日(月)午前7時00分頃の間
2 発生場所  豊田市立寿恵野こども園 豊田市鴛鴨町畔畑227
3 発生状況
・3月5日(土) 18:10 園長・職員が施錠確認し、機械による警備開始後、全員帰宅。
・3月9日(月)  7:00 早番勤務の保育師が園に出勤後、こども園の職員室横テラス屋根が割れていることを発見。屋根は80p×100p程、割れているが、落ちていた破片は、5p×3p程度のものが2枚。
         7:55 主任が園舎周りを確認し、それ以外の異常は見られなかった。
         8:10  園長に連絡。
         8:40 保育課へ連絡。
         9:15 保育課施設担当2名、園に到着。被害場所の確認及び園舎周りを確認。
         9:30 豊田警察署へ連絡。
        11:45 警察官2名が到着し、被害場所を確認。
         12:20 被害届を提出
4 被 害  テラス屋根 1枚(タテ80cm位 ヨコ100cm位 )
        被害額    30,000円程度
5 今後の対応  
・幸いにも園舎内部の被害はなかったが、引き続き、最終点検を確実に行う。
・今回、巡回を依頼し、今後不審者・不審なことがあった場合、直ちに警察に連絡する。


件 名    入札参加停止について

1 入札参加停止業者
業   者   名 契 約 先 本店(本社)
中 根 管 工 (株) 豊田市栄町 同 左

2 入札参加停止の期間
   平成23年3月7日から平成23年4月6日まで(1か月)

3 入札参加停止の理由
 平成23年3月7日の豊田市業者選定審査会において、下記の内容が、豊田市入札参加停止要綱別表第19項(建設業法違反行為)に該当するとの決定をしたため。

4 具体的な内容
 中根管工(株)は、主たる営業所に常勤して専らその職務に従事すべき専任技術者を、配置技術者の専任が求められる豊田市上下水道局発注「豊田市花園町配水管新設工事」(平成21年度)の配置技術者としても従事させた。このことは、建設業法(昭和24年法律第100号)第26条第3項に違反しており、平成23年2月25日に愛知県知事から同法第28条第1項本文に基づく指示処分を受けた。




平成23(2011)年3月6日(日)

 9時半に小林おさむ先生を迎えに行き、足助地区の知人宅へ向かう。2時間弱、地元で抱える問題等について情報を頂く。あわせて、選挙支援の要請も。ご無理を言って、ポスター貼りのお願いも。ありがたいことにご快諾頂く。ただただ感謝!
 また、檻にかかったイノシシの解体作業も見せてもらう。そして、イノシシ肉のお土産も。ありがとうございました。

 そして、もう1軒お邪魔するもご不在だった。残念。

 帰宅後、昼食。

 その後、会報の荷造り。19時からの会議前に3名の北部の方に会報をお届けに。その際、選挙ポスターを稲武地区で貼って頂けることも確認。大変ですが、よろしくお願いいたします。

 19時から1時間強、ポスター担当者による選対会議。準備は着々と進む。皆さん、ほんとうにありがとうございます。




平成23(2011)年3月5日(土)

  9時から中村寿一氏・豊田喜一郎氏の顕彰像献花式に出席。今年は、一時移設された市民文化会館前の広場で。

 10時から市民文化会館にて、市制60周年記念式典。友人である尾張旭市議会議長の水野義則さんも来られていた。お疲れ様です。今年は、節目の年だけあって、結構こった式典で、子どもたちの合唱も素晴らしかった。

 12時過ぎより1時間ほど、表彰受賞者の祝賀会にも。名誉市民になられた豊田章一郎さんのあいさつでは、今後、豊田市に何らかの貢献をしてくれる旨の発言もあり。楽しみである。

 帰宅後、会合準備。

 16時から2時間ほど、選対会議。情勢報告、選挙態勢の確認、ポスター選定等。

 その後、2名が遅れて到着され、その他意見交換。20時前には散会。いつもありがとうございます。


  以下、3月4日付の議会事務局からの情報提供

件 名  第43回豊田おいでんまつり 3月7日より花火協賛市民先行受付開始!

 第43回豊田おいでんまつり花火大会の、花火協賛市民先行受付を3月7日より行います。
今回は市制60周年を記念し、おいでんまつりを応援していただいている皆さまに、より多く、より近く、より安全に大迫力の花火大会をお楽しみいただけるよう、協賛席内を全席指定とし、新たに2人(ペア)マス指定席を設けました。先行受付期間にご協賛いただいた方から、会場前方の席をご用意します。
 また、今年は、新たな協賛メニューとして、市民花火「手筒花火」、願いごとやメッセージを花火玉に貼り、打ち上げる「願かけ花火」を追加しました。皆さまの想いの詰まった大輪の花を豊田の夜空に咲かせましょう。市民の皆さまからのご支援・ご協力をお待ちしております。
 
1 対    象  豊田市在住の市民の方

2 先行受付期間  3月7日(月)〜3月31日(木)

3 申込み方法   @現金受付:豊田おいでんまつり実行委員会事務局(豊田市商業観光課内)
             TEL 0565-34-6642 【平日午前8時30分〜午後5時15分】
            A振込受付:豊田おいでんまつり協賛事務局(業務委託:豊田まちづくり梶j
             TEL 0565-37-1015 【平日午前10時〜午後5時】
※ 市役所等で配布する申込書をご利用いただくか、豊田おいでんまつり公式HPから直接お申込みください。

4 花火協賛内容  ◎新規協賛メニュー
※ 願かけ花火は5月6日(金)まで、豊田おいでんまつり実行委員会事務局のみで受付します。
種類 金額 募集口数 特典
市民
スターマイン
イス 4,000円/口 1,700口 花火大会入場券(イス指定席)
4人マス 12,000円/口 800口 花火大会入場券(4人マス指定席)
◎2人
(ペア)マス
6,000円/口 500口 花火大会入場券(2人マス指定席)
市民
花火
4号玉 7,000円/口 40口 花火大会入場券(2人マス指定席)、
ガイドブックにメッセージ記載(25文字以内)
10号玉 57,000円/口 10口 花火大会入場券(4人マス指定席)、
ガイドブックにメッセージ記載(25文字以内)、会場アナウンス
◎手筒 45,000円/口 20口 花火大会入場券(4人マス指定席)、
打ち上げ後の手筒花火進呈
◎願かけ花火 500円/口 2,000口 願いを書いた短冊を花火師が玉に貼り打ち上げ 
※花火大会入場券の進呈なし




平成23(2011)年3月4日(金)

 10時から予算に関する全体会質疑。私を含め11名が登壇。15時半頃、終了。

 夕方、会社に行き、ポスター案を10点ほど作成してもらい、持ち帰る。

 19時から2時間半、後援会女性部の臨時会議。選挙ポスターの選定などを協議。遅くまでありがとうございました。



  以下、3月4日付の議会事務局からの情報提供

件 名   平成23年度放課後児童クラブの夏休み4年生受入れを試行実施します

  今年の夏休みに、市内3か所で試行的に4年生を受入れる放課後児童クラブの参加者を募集します。

1 開設場所   童子山小学校、若林東小学校、五ヶ丘小学校内

2 開設日時   平成23年7月21日(木)〜8月31日(水)
            午前7時30分〜午後6時30分
           ※土、日曜日及びその学校の出校日等を除く

3 対象児童   就労等により保護者が昼間いない家庭の小学4年生
          ※保護者には、父母以外に同一地番内に居住する65歳未満の祖父母も含まれます。(同一地番内には世帯分離及び2世帯家庭も含む。)
           ※開設小学校以外の児童も参加可

4 定  員   各開設場所60人程度の計180人程度

5 参加者負担金 7月夏休み/4,000円、8月夏休み/8,000円

6 申込書配布  3月15日(火)から次世代育成課、市内各放課後児童クラブで配布

7 申込み・受付 4月15日(金)までに次世代育成課、市内各放課後児童クラブへ申込みに必要な書類を提出
           ※定員超過の場合は家庭状況に応じ優先順位を設け参加決定

8 その他    
・教室等を借りるため、出校日など各学校の事情により閉設する場合があります。また、学校のプールは使用できません。
・今回は試行実施のため、今年限りの開設となります。
・参加児童と保護者に意見を聞き、対象学年拡大に関する方針決定の参考にします。




平成23(2011)年3月3日(木)

 今日は13時が全体会の予算質疑の通告締め切りなので、それまで、質問項目の検討と通告書の作成。12時半頃、通告。

 そして、13時から予算質疑の抽選会。私の出番は11人中11番目と決定。

 その後、次々に執行部からの聞き取りを受ける。若干、他の議員との重複質問もあった。多めに通告していて良かった!

 そして、原稿作成。
 


  以下、3月3日付の議会事務局からの情報提供

件 名    「第2回とよたビジネスフェア」開催

 豊田商工会議所と豊田市の共催で、今回2回目となる「とよたビジネスフェア」を開催します。145企業・団体(うち市内49・市外96)によるブース展示や講演会などを実施し、販路開拓や新分野進出など、ビジネスチャンス創出のきっかけの場を提供します。

【開催概要】
日 時   平成23年3月10日(木)・11日(金)10:00〜17:00
会 場   スカイホール豊田(豊田市八幡町1−20)
入 場   無料
内 容   出展企業・団体による技術や製品のブース展示
       講演会・セミナー
       出展企業によるプレゼンテーション
※ 講演会・セミナーの参加には事前申込が必要です。
主 催   豊田商工会議所・豊田市
後 援 中部経済産業局・愛知県・トヨタ自動車梶E豊田?工梶E小島プレス工業梶E豊田信用金庫・岡崎信用金庫・(協)豊田市鉄工会(順不同)
専用HP  http://sangyounavi.toyota.aichi.jp/bussiness/index.html

【参考:オープニングセレモニーのご案内】
日 時   10日(木)9:40〜10:00 
場 所   スカイホール豊田入口ロビー

【事務局・問合せ】
豊田商工会議所 産業振興部 児玉  .32−4594


件 名    「環境の保全を推進する協定協議会」協定締結事業者の工場を見学します

 平成22年1月に発足した「環境の保全を推進する協定協議会」(事務局:環境部環境保全課/構成員数:31者)は、協定締結事業者(構成員)を対象にした工場見学を、今回初めて実施します。

【工場見学】

1 開催日時  平成23年3月10日(木) 午後1時30分から

2 見学先   キユーピー葛燈鼾H場(豊田市日南町2−1)

3 内 容   ・マヨネーズ及びドレッシング製造工程の見学
         ・講演(キユーピー鰍フ環境に配慮した取組みについて)

【工場見学の目的及び選定理由】
 協定締結事業者であるキユーピー葛燈鼾H場を、その他の協定締結事業者が工場見学をすることで、協定事業者間の環境に配慮した取組等の情報交換を行い、環境情報の共有を図る。
 平成22年8月に実施した協定締結事業者に対するアンケート結果で、工場見学希望先として名前が挙がった企業のうち、協定締結事業者から選定した。輸送用機械器具製造業が中心の協定締結事業者が、異業種との交流を推進するため、食品製造業であるキユーピー葛燈鼾H場に決定した。

【協定協議会の活動内容及び今年度の実績】
 事例紹介や講演会等を開催し、協定締結事業者間あるいは市との情報交換を行う。平成24年度以降は、それまでの実績等を活かし、事業者講師による市内中小企業向けのセミナーや環境スクールの開催など、市内事業者全体の環境取組や技術の底上げに繋がる活動を目指す。

平成22年7月22日 第2回協定協議会開催
           テーマ:緑化、森林、生物多様性
平成23年1月26日 第3回協定協議会開催
           テーマ:CO2削減、温暖化防止対策、省エネ対策





平成23(2011)年3月2日(水)

 午前は、予算質疑の検討など。

 15時から市議会環境福祉委員会を開催。内容はPCB漏洩事故により運転停止している「JESCO豊田事業所に対する市の意見方針」などについてが議題。私からいくつかの質問もしたが、最終的に「操業が安全・安心に行われるよう、見守る」という委員会の調査報告書を認める。このまま運転再開すべきでないとも言えず・・・。

 その後、支援者が突然の来訪。ヤマナカ撤退等に関して意見交換。
 
 夕方、妻から電話が入る。5歳の娘が「インフルエンザのB型にかかっていた」と。私は可能な限り娘と一緒に風呂に入っており、いつも一緒に寝ているので、もしかすると私も?
 
 20時半から市民の会の例会は議会報告や県議選がらみの情報交換等。本日をもって、当面、市民の会の例会は中断。今後、選対会議へ合流する。

 話は全く変わるが、本日、Facebookの登録をする。何ができるかわからないが・・・。



  以下、3月2日付の議会事務局からの情報提供

件 名    環境福祉委員会が所管事務調査報告書を議長に提出しました


 日本環境安全事業竃L田事業所(JESCO)のPCB漏洩事故について、本日午後3時から環境福祉委員会が開催され、委員会終了後に環境福祉委員長から議長に所管事務調査報告書が提出されました。
なお、この報告書の提出をもって、本件に関する環境福祉委員会としての所管事務調査は終了となりました。

                                         記

1 調査事件 : JESCOのPCB漏洩事故
2 調査報告書 : 別添のとおり


件 名  JESCO豊田事業所再開に向けた市意見書の提出について

 日本環境安全事業梶i以下、「JESCO」といいます。)豊田事業所が平成22年末に相次いで漏洩事故を起こしたことを受け、市は、JESCOに対して、昨年12月10日付けで文書指導し、JESCOから年末に改善報告書が提出されました。
 JESCOにおいては、改善報告書に基づき、平成23年始から自主的に施設を止めて総点検を行い、2月2日に市に対して「豊田事業所再生計画報告書」が提出され、当該報告書と併せて施設再開に向けた意見を求められたところです。
 市では、JESCOが組織面の対策強化や施設改造を行う等、再発防止対策の仕組みづくりが概ね終了したことを確認したことから、2月11日に開催された安全監視委員会における委員の意見、そして、2月24日に市議会環境福祉委員会から市に対して提出された「意見書」を踏まえ、施設再開に向けた市の意見を取りまとめ、3月3日午前、JESCOに対して回答します。
 今後、市としては、市の意見書が適切に配慮されているか、また、再生計画報告書でJESCOが約束したことが確実に履行されているか等について、立入検査等で確認していく予定です。


日     時  3月3日(木) 午前9時から
会     場  豊田市役所環境センター3階 会議室
出席予定者  豊田市   :環境部長他
         豊田市議会 :環境福祉委員会 鈴木章委員長
         JESCO  :豊田事業所長他






平成23(2011)年3月1日(火)

 9時過ぎから郵便局巡り。北局と豊田局に。北局では、市役所を退職された市議選立候補予定者とも遭遇。元気そうで何よりです。お互いの健闘を誓う。

 その後、私が非常勤で勤務している会社に行き(といっても1年以上働いていないが)、先日撮影したポスター用顔写真データをもらいに行く。

 13時から産業建設委員会を傍聴。
 土木課職員による収入印紙着服事件について。
 事件の概要:被害額は3年間で9,776,200円。関係した職員は建設部土木課副主幹45歳・男性。
 事件の背景:遊興費として借り入れたサラ金返済のため。職員は本日付で懲戒免職。被害額は全額弁済する意思。

 14時半から全員協議会。内容は、土木課職員による収入印紙着服事件について。私からは質問も。

 15時15分より 教育委員会から説明を受ける。以前、地元区長さんとともに美里中学校周回歩道の電柱移設の要望をしていたのだが、NTT、中学校との協議がまとまり、23年度中には移設できそうとのこと。部活動で走り込む中学生にとって、歩道幅も確保でき、安全性も向上する!よかった!!


 18時過ぎ、耳鼻科へ通院。

 今日は同居する母の誕生日だったが、私からは、ひとこと「誕生日、おめでとう」のみ。妻が、プレゼントは渡してくれたが。



  以下、3月1日付の議会事務局からの情報提供

件 名  第11回景況調査を実施しました

〔内容〕
  豊田市内の産業の景況を調査することにより、必要な経済対策等を検討するものです。

〔概要〕
1 融資、小売店・飲食店・サービス業について(調査主体 産業部 商業観光課)
@各景況レポートでは10-12月期にかけて悪化する結果となり、1-3月期も厳しい業況が続くと予想されている。
A融資の状況は落ち着きつつあり、セーフティネット関連資金も減少している。


2 雇用、製造業について(調査主体 産業部 産業労政課)
@平成22年後期の業績では、43%の企業が好転と回答しているのに対して、平成23年前期の見通しでは、15%の企業のみが好転と回答、逆に37%の企業が悪化と回答しており、景気の先行き不透明感が強い。
A正規雇用者数、非正規雇用者数の動向については、前回から大きな変化は見られないが、依然として非正規雇用者は減少傾向にある。
B平成22年の既存取引先との受注状況については、受注量において41%の企業が増加したと回答している一方で、受注単価においては39%の企業が減少と回答していることから、仕事が増えても売上が伸びない実態が伺えるなど、依然として厳しい経営状況であることを示している。また、受注量や受注単価が減少した企業においては、生産方法等の改善や人件費等の削減により対応を図っている状況である。

<調査協力>
豊田商工会議所、市内6商工会、(協)豊田市商店街連盟


件 名 市制60周年記念事業 記念誌並びに記念映像が完成しました!

 市制60周年記念事業の一環として制作を進めてきました、記念誌並びに記念映像が、このたび完成しました。
 50周年記念時以降の10年間で最も大きな出来事であった、平成17年の市町村合併に着目し、豊かな自然、人、文化を共有する「豊田市の姿」をまとめたものです。3月5日(土) に開催の市制60周年記念式典で初お披露目をした後、多くの方にご覧いただけるように、順次、貸出・販売を行います。

1 記念誌   (一般販売あり)
(1)タイトル  「未来へ続く豊田のものがたり」
(2)仕  様  A4 本文92ページ
(3)内  容  記念対談/市長×浅田真央選手 
 未来に残したいとよたの風景/市内各地の四季の風景、文化
 市町村合併の記録/豊田加茂7市町村の合併を振り返る
 すごいぞ市民パワー/地域で活躍する人々を紹介
 第7次総合計画 豊田への想い/東京大学教授・西村幸夫氏
 年表 資料/人口、産業、教育、財政などの各種統計など 
(4)価  格  1冊1,000円(税込)
(5)販売場所  4月1日(金)から広報課、中央図書館、郷土資料館、旭・足助・稲武・小原・下山・藤岡の各支所
 ※図書館、郷土資料館は月曜日休館

2 記念映像  (一般貸出あり)
(1)タイトル  「つながりあうまち豊田市」
(2)収録時間  本編:16分57秒 ダイジェスト版:5分45秒
(3)記録媒体  DVD、VHS
(4)対応言語  日本語、英語、ポルトガル語、中国語
          ※VHSは日本語のみ
(5)貸出場所  4月1日(金)から市中央図書館、視聴覚ライブラリー
          ※市中央図書館の一般図書と同様に、リクエストサービスで各交流館、コミュニティセンター図書室に取り寄せることができます。
(6)そのほか  3月7日(月)から豊田市ホームページ、Youtubeで動画配信を始めます。 


件 名   平成22年度 逢妻男川における鉛の環境基準超過について(第2報)


 平成23年2月16日に公表しました鉛の環境調査結果において、逢妻男川(宮前橋/若林西町)の冬季調査が環境基準を上回ったことから、水質汚濁防止法に基づく鉛の届出事業場及びPRTR法※に基づく鉛及びその他の化合物の届出事業場の立入りを実施しました。
 ※PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律


1 調査結果について
(1)事業場立入結果について
 逢妻男川流域内にある水質汚濁防止法に基づく鉛の届出事業場及びPRTR法に基づく鉛及びその他の化合物の届出事業場(計4事業場)に立入調査を実施しました。その結果、すべての事業場で施設状況等に異常は見られず、問題ありませんでした。
(2)河川の再調査結果について
 水質環境基準超過地点である宮前橋にて再調査を実施したところ、0.005mg/L未満となり環境基準を下回りました。冬季調査結果は、一時的なものであり、原因については特定することはできませんでした。
                                                   (単位:mg/L)
調査地点 冬季調査 再調査 環境基準
採水年月日 分析値 採水年月日 分析値
宮前橋(若林西町) H23.1.12 0.016 H23.2.23 <0.005 0.010

2 今後の対応について
(1)引き続き、河川の監視を続けていきます。
(2)水質汚濁防止法に基づく鉛の届出事業場及びPRTR法に基づく鉛及びその他の化合物の届出事業場に対し、適時立入を実施し、引き続き鉛の排出基準遵守を指導していきます。





▲戻る おかだ耕一へメール