1、会派名

新政クラブ(しんせいくらぶ)

2、基本理念

私たちは、市民にとって安心、安全、活力ある豊田市づくりのため、勤労者・生活者の視点から、より良い市政を追求し、市民与党として、「いいものはいい、悪いものは悪い」と、理事者に対してはっきり主張する「健全な批判・提言勢力」として責任あるポジションを占めることを目指し、会派を結成します。

    豊田市を愛し、情報公開の徹底と市民参画による夢のある市政実現のため、急激な時代の変革にも対応できる新たな市政改革・議会改革を目指します。

    過去の慣例、先例にとらわれることなく、常に公平、公正で新しい感覚を持ち、市民に信頼される活動を行います。

    特定政党や既成組織に立脚せず、市民の立場、市民の目線で考え、行動する市民本位の議員として活動します。

    議員一人ひとりが、それぞれの理念に基づき、個性ある議員活動を自らの責任において展開します。

    時代の流れにあった政策を実行するため、相互の意思と政策を尊重しながら、定期的に政策協議、勉強会、研修会等を行い、議員としての資質向上に努めます。

3、確認事項

    質問時間は年初に配分する。(現在は会派に280分/年)

(例:代表質問+一般質問60分、一般質問1201人、901人)または、

(例:代表質問+一般質問30分、一般質問120分2人)

    代表質問の質問内容は、会派としての見解と個人としての想いを尊重し、会派所属議員で協議する。

    議会内役職については、話し合いにて決定する。

    重要な政策決定に関する問題等については、会派所属議員で協議する。

    予算案を含む各議案、請願、陳情、意見書の賛否については、一つ一つに十分な議論をしながら、会派拘束はせず、最終的には各議員の意思を尊重する。

    請願の紹介議員についても会派拘束しない。

    会派名を使っての議員活動については、会派所属議員の承認を得ること。

    政務調査費の使用については、会派所属議員の承認を得ること。

4、役職

    代表        篠田 忠信 (7期)

    副代表       外山 雅崇 (6期)

    幹事長兼会計責任者 岡田 耕一 (2期)